ペイントで直線と矢印を引く方法|斜めの回転はペイント3Dを使おう

ペイントで矢印と直線を引く
こんな人に向けて書きました
  • ペイントで直線や矢印を引きたい
  • 斜めの直線や矢印を引きたい

まず最初にお伝えしたいことがあります。

ペイントで斜めに引けるのは直線だけです。斜めの矢印を引くことはできません。

ペイントでは斜めの矢印を引けないのかぁ~…

でもご安心ください!

ペイント3Dを使えば大丈夫です。

5分でマスターできるので、一緒にやっていきましょう!

ちなみに…

今まで利用してきた画像編集ツールのなかで、一番使いやすかったのはCanva Proです。

本記事で紹介する矢印や直線の描画以外にも、数十万点のイラスト・写真素材が使い放題です。

詳細は↓の記事からどうぞ。

この記事を書いた人

ヤットキプロフ

業界歴10年のWeb解析士GAIQ保有。

ガラケー時代からSNSに携わってます。

この記事を書いた人

ヤットキプロフ

業界歴10年のWeb解析士

GAIQ保有

ずっとSNSに携わってます。

目 次

ペイントで直線と曲線を引く方法

冒頭でお伝えしたとおり、ペイントで斜めにできるのは直線だけです。

そこでまずは、ペイントでの直線と曲線の引き方をお伝えします。

その後、ペイント3Dを使用した斜め矢印の作り方を解説します。

ペイントで直線を引く

まず、ペイントを起動しましょう。

なお、ペイントの場所がわからない人はこちらの記事をどうぞ。

そして、図形ツール(下の画像の赤枠)の中にあるボタンを押すと、直線や矢印などの図形を描けます。

ペイントで直線と矢印を引く方法

では、直線を例にとって実際にやってみましょう。

まず、図形ツールの中の直線ボタンを一回、左クリックしてください(カチッと一回左クリック)。

そうすると、下の画像のように直線ボタンの周りが少し暗くなります。

ペイントで直線と矢印を引く方法

この状態になったら、カーソルをキャンバスに移動させます。

そして、左クリックを押したまま(左クリックを押したまま指を離さない)、お好きな方向にマウスを動かします。

『このあたりでいいかな?』と思ったところでマウスから指を離すと、直線の出来上がりです。

ペイントで直線と矢印を引く方法

ペイントで曲線を引いてみる

ここからは直線の応用編として、曲線を引いてみましょう。

これをマスターすると、こんな感じの曲線が引けます。

ペイントで直線と矢印を引く方法
ペイントで直線と矢印を引く方法

では実際にやってみましょう!

まず、直線のときと同様に、図形ツールの中の曲線ボタンを一回、左クリックします。

ペイントで直線と矢印を引く方法

そして、これまた直線のときと同様に、カーソルをキャンバスに移動させます。

そのまま、左クリックを押したまま(左クリックを押したまま指を離さない)、お好きな方向にマウスを動かします。

『このあたりでいいかな?』と思ったところで左クリックから指を離すと直線になります(ここから曲線になるよう修正を加えていきます)。

ペイントで直線と矢印を引く方法

そして、直線が引いた後、下の画像のようにクリックすると曲線が描けます。2~3回繰り返すとコツが掴めます。

ペイントで直線と矢印を引く方法

ペイントで矢印を引く方法(直線と斜め)

ここでは、2種類(直線と斜め)の矢印を描く方法についてお伝えします。

なお、斜めの矢印はペイント3Dを利用します。

ペイント3Dは特にインストールする必要はありません。すでにあなたのPCにインストールされています。

では説明スタートです!

直線の矢印を描く方法

例として右向きの赤い矢印を描いてみます。こういうやつです。

ペイントで直線と矢印を引く方法

まず最初に設定が必要です。図形ツールから右矢印を選び(赤枠)、色1と色2を赤にしてください(青枠)。

なお、色1は図形の枠線の色、色2は図形の塗りつぶしの色のことです。

ペイントで直線と矢印を引く方法

そして、カーソルをキャンバスに移動させます。

そのまま、左クリックを押したまま(左クリックを押したまま指を離さない)、お好きな方向にマウスを動かします。

『このあたりでいいかな?』と思ったところで左クリックから指を離してください。すると矢印の完成です!

ペイントで直線と矢印を引く方法

斜めの矢印を描く方法

さて、本記事のメインの内容は斜めの矢印です。

今からその方法を説明します。

最初にペイントを起動して、その画面の右上にあるペイント3Dボタンを押しましょう。

ペイントで直線と矢印を引く方法

ペイント3Dの新規作成画面が表示されるので、『新規作成』を選択してください。『開く』を選択すると、すでにある画像ファイルを指定してペイント3Dを開きます。

ペイントで直線と矢印を引く方法

ペイント3Dを開くと、下のような画面になります。矢印を描くには、左上の『2D図形』を押した後、右にある『矢印』ボタンを押してください。

ペイントで直線と矢印を引く方法

すると、キャンバスの上に矢印が描画されます。

ペイントで直線と矢印を引く方法

これからこの矢印を回転させて斜めの矢印を作ります。矢印の上にある回転マークを動かすと斜めになります。

ペイントで直線と矢印を引く方法

斜め矢印になったら保存しましょう。左上にあるメニューから保存します。

ペイントで直線と矢印を引く方法

保存メニューが表示されるので、『名前をつけて保存』を選択しましょう。

ペイントで直線と矢印を引く方法

その後の画面では画像を選択しましょう。

ペイントで直線と矢印を引く方法

すると、保存するフォルダ画面が表示されます。ここでファイル形式を選択して保存します。

PNGかJPGのいずれかを選びましょう。どちらでも構いませんが、JPGの方がファイルサイズが軽量です。

ペイントで直線と矢印を引く方法

以上で斜め矢印の完成です。

お疲れさまでした!

ペイントで直線と矢印を引く方法:まとめ

少し長くなりましたが、直線、曲線、矢印の描き方でした。

一度でマスターすることは難しいですが、何度かチャレンジしているうちに慣れてきます。

これらの組み合わせをうまく活用すると、面白い図形も描けるようになりますよ!

そして、もっと手軽に画像を編集したい方には、Cnava Proがおすすめです。

税込月1,000円(年額払いの場合)ですが、60万枚以上のテンプレや7500万点のイラスト・写真素材が使い放題なので、かなり満足度の高いサービスです。

詳細は↓の記事からどうぞ!

それではまた、次の記事でお会いしましょう!

【画像加工に関するペイントの記事】

画像の余白を消す方法

画像を貼り付ける方法

画像を円形に切り抜く方法

画像をトリミングする方法

画像のサイズを変更する方法

モザイク加工で画像をぼかす方法

角度を微調整して画像を回転させる方法

サイズ違いの画像をキレイに並べる方法

【色に関するペイントの記事】

色の塗りつぶし方法

画像の白黒反転や色反転

画像の背景を透明にする方法

グラデーションで塗りつぶす方法

ペイントによる色の置き換え方法

スポイト機能(色1・色2の使い方)

ペイントでカラーコードを調べる方法

【関連記事】

ペイントの記事一覧

時短につながるパソコンの裏技機能

10分でマスター。ペイントの使い方(まとめ)

コメントはお気軽にどうぞ!

コメントする

CAPTCHA


目 次