ペイント3Dで画像を回転させる方法【Windows10】

ペイント3D回転

ペイントにも画像を回転させる機能はありますが、90度・180度・上下反転・左右反転という大ざっぱなものだけです。

ペイントの角度

できれば、細かく角度を調整したいと思うときがあります。

そんなときはペイント3Dの出番です。

ペイント3Dなら細かな角度を調整することができます。


この記事を書いた人:管理人ヤットキ
管理人ヤットキ
ウェブ解析士

ガラケー時代から100以上のSNSに携わってきました。

業界歴9年のWeb解析士です。GAIQ保有。

Twitterはこちら→ @yattoki_mashita

目次

ペイント3Dで画像を回転させる方法

まずは画像をペイントで起動します。

ペイントで起動

その後、ペイント3Dを起動します。

ペイント3Dを起動

図形をペイント3Dで開いたら、『2D図形』をクリックしてください。

2D図形を選択

その後、[Ctrl] + [A]で画像全体を選択します。

すると、回転マークが表示されるので、マウスで画像をグリグリと回転させることができます。

回転マーク

回転が終わったら、画像を保存しましょう。左上の『メニュー』を選択します。

メニューを選択

『名前を付けて保存』を選択しましょう。

名前を付けて保存

画像を選択して、保存先を指定してください。

画像を選択

すると、保存先を指定するためのダイアログボックスが表示されます。保存先を指定して作業完了です!

お疲れさまでした!

ペイント3Dで画像を回転させる方法:まとめ

以上、ペイント3Dで画像を回転させる方法を説明しました。

手順を簡単に説明します。

  1. 画像をペイントで起動
  2. ペイント3Dを起動
  3. 『2D図形』を選択
  4. 画像全体を選択
  5. 角度を調整
  6. 名前を付けて保存

特に難しい操作はありませんが、ペイント3Dを利用する点に気付かない人も多いと思います。

しかし一度やり方を覚えてしまえば重宝しますよ!

なお、↓の記事では使用頻度の高いペイントの使い方を解説しています。

ペイントの使い方でお困りの方は必見です!

≫ Windows10ペイントの使い方|10分でマスターする使いこなし術

また、本ブログではPC利用法などの記事もご用意していますので、ご参考までにどうぞ。

≫【パソコン初心者でも大丈夫!】知って得する裏技的なPC利用法

それではまた、次の記事でお会いしましょう!

ペイント3D回転

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる