ペイントで塗りつぶしできない?画像で方法を説明【元SEの解説】

ペイントで塗りつぶしが上手くできないとお悩みのあなたへ。

きっと、ペイントの基本的な使い方は分かるけど、ペイントの塗りつぶしが上手くできないという状態ですね。

調べてみたけど、よく分からん!

詳しい解説書がないので、塗りつぶしが苦手な人は結構多いんです。

でもご安心ください。

どこよりも分かりやすく、豊富な画像付きで詳しく説明します!

この記事を読めば、塗りつぶしの方法と、上手くできないときの原因が分かりますよ。


この記事を書いた人:管理人ヤットキ
管理人ヤットキ
ウェブ解析士

ガラケー時代から100以上のSNSに携わってきました。

業界歴9年のWeb解析士です。GAIQ保有。

Twitterはこちら→ @yattoki_mashita

目次

ペイントで塗りつぶしできない|まずは使い方を説明

まずは塗りつぶしの基本的な使い方を説明します。

ご存知のように、ペイントの塗りつぶしは『塗りつぶしツール』を使用します(バケツのアイコン)。

塗りつぶしツール

塗りつぶしのためのマウス操作(左クリックと右クリック、色1と色2)

そして重要になのが、色1と色2です。

ツールを使って塗りつぶすとき、マウスをクリックしてますよね。厳密に言うと、左クリックして塗りつぶしてるはずです。

でも実は、右クリックでも塗りつぶせるんです。つまり、左クリックでも右クリックでも塗りつぶしができます。

では、左と右でどう違うかというと、左クリックは色1の色、右クリックは色2の色で塗りつぶされます。これを知らない人は意外に多いんです。

では、四角形を塗りつぶす場合を例にとって説明します。

色1は赤、色2は緑の状態です。

塗りつぶしツールを使って、左クリックすると赤色、右クリックをすると緑色で塗りつぶされます。

左クリックで塗りつぶし
右クリックで塗りつぶし

ポイントは右クリックと左クリック、色1と色2の理解です。これを忘れないでください。

塗りつぶしの範囲

ここまでは、塗りつぶしのためのマウス操作を説明しました。

今度は、塗りつぶしの範囲の説明です。

ツールにより塗りつぶされる範囲は、クリックした場所と同じ色の範囲に適用されます。

例えば、下の画像の四角形の内部が塗りつぶす場合を考えます。

このとき、四角形内部の適当な場所で左クリックまたは右クリックすれば、塗りつぶすことができます。

そして、黒い線が境界となっているので、四角形の外側の白い部分は塗りつぶされません。

四角形の内部の塗りつぶし

では下のように境界線のない図形を塗りつぶすはどうでしょう?

オレンジ→緑、青→黄色に塗りつぶしてみます。

するとこうなりました。

境界線の有無にかかわらず、クリックした場所と同じ色の範囲に塗りつぶしが適用されるので、緑→オレンジ、黄→青に塗りつぶすことができます。

イメージとおりですね。

また、塗りつぶしはキャンバス全体にも適用することができます。

こんな感じです。

キャンバス全体を塗りつぶし

ツールを使わない塗りつぶし

さて、ここまではバケツマークの塗りつぶしツールによる操作方法でした。

しかし実は、このツールを使わなくても図形の塗りつぶしは可能なんです。

ためしに、緑の六角形を描いてみます。

ペイントを開いたら、『塗りつぶし』>『単色』を選択します。

この時、色2が塗りつぶしの色となるので、色2には緑色を設定してください。

単色を選択

そして、そのまま図形を描くだけです。

ツールを使わない塗りつぶし

ポイントは、『単色』と『色2』です。

ペイントで塗りつぶしできない!そんなときは、ここを確認(症状別)

以上が塗りつぶしの基本的な使用方法でした。

予想よりもよりも簡単だったと思います。

ここからは、塗りつぶしができないときの確認ポイントを説明していきます。

微妙に白い箇所が残っている

図形の線の周りに白抜けがある…

線の周りに白抜け

一見、上手く塗りつぶせているようですが、よく見ると線の内側に白抜けがあります。

これはブラシツールで図形を描いているからです。塗りつぶしを行う図形は鉛筆ツールを使用しましょう。

鉛筆ツールで描きましょう

鉛筆ツールで描いた図形を塗りつぶすと、下のように白抜けなくキレイに仕上がります。

まだらになってしまう

塗りつぶした部分がまだらになってしまった…

まだらになった

JPG形式などで保存した画像を塗りつぶそうとすると、上の画像のようにまだらになります。

実はこれはそういう仕様なので仕方ありません。

PNG形式の元画像を準備するか、まだらの部分を消しゴムツールで白くして、あらためて塗りつぶしを行うしか方法はありません。

根気のいる修正作業が必要になります。

範囲外も塗りつぶされてしまう

範囲外まで塗りつぶされてしまう…

範囲外も塗りつぶされてしまう

これもよくあるケースですね。

原因は、どこかに小さな隙間があるからです。

説明画像が見にくいのですが、上の例でいうと、三角形の頂点の部分に隙間があるため、塗りつぶしが外部まで染み出してしまいました。

対処法としては、この隙間を埋めることです。その後、あらためて塗りつぶすと、うまくいくはずです。

ペイントで塗りつぶしできない理由と対応方法:まとめ

以上、ペイントの塗りつぶしについて解説しました。

しかし、単純な塗りつぶしならペイントでも十分対応可能ですが、複雑な図形では技術の限界があります。

そういう場合は、ツールの導入をおすすめします。

なお、↓の記事では使用頻度の高いペイントの使い方を解説しています。

ペイントの使い方でお困りの方は必見です!

≫ Windows10ペイントの使い方|10分でマスターする使いこなし術

また、本ブログではPC利用法などの記事もご用意していますので、ご参考までにどうぞ。

≫【パソコン初心者でも大丈夫!】知って得する裏技的なPC利用法

それではまた、次の記事でお会いしましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる