ペイントのスポイト機能|色1・色2・塗りつぶしを組み合わせた活用方法

ペイントスポイト色2

ペイントのスポイト機能、うまく使えていますか?

名前くらいは聞いたことあるけど、使い方は知りません…

実はこんな人、結構多いんです。

スポイト機能は、色の塗りつぶしやカラーコードの調査などに役立つ機能です。

本記事では、そんなスポイト機能の使い方を説明します。

目次

ペイントのスポイト機能|色1や色2に色を取り込む

ペイントのスポイトは、画像内の色を抽出する機能です。抽出した色は、色1や色2に格納されます。

説明だけでは分かりにくいので、実際の例を見てみましょう。

下の画像のように、スポイトを選択した後、画像の紺色の部分で左クリックすると、色1に紺色が格納されます。

色1に格納

同様に、スポイトを選択した後、画像の紺色の部分で右クリックすると、色2にその紺色が格納されます。

色2に格納

これだけだと何が便利なのかよく分かりませんね。

『だからなに?』と言われそうなので、メリットを説明します。

画像編集の際、色はカラーコードというもので指定しなければいけません。たとえば白なら#ffffff、赤なら”ff0000、緑なら#008000といった具合です。

しかし、複雑な色のカラーコードはどうやって調べたらいいか分かりません。

赤や青のような原色なら『赤 カラーコード』などのキーワードで検索できますが、下のような微妙な色のカラーコードはどうやって調べればよいでしょうか?

色の名前が分からないので調べようがありません。

これは何色?

そこで、スポイト機能の出番です。

色の名前やカラーコードを知らなくても、左クリックか右クリックだけで色を自動的に格納してくれるというわけです。

ペイントのスポイト機能|色1や色2の活用

スポイト機能の意味や便利さがお分かりいただけたでしょうか?

ではこのスポイトをどのようなときに画像編集に活かせばいいのでしょうか。

それはズバリ、枠線の色や塗りつぶしのときにスポイトを使います。

下の画像をご覧ください。左の円模様の紺色を使って、赤枠の中を塗りつぶしてみます。

赤枠を塗りつぶす

下の画像は、スポイト機能を使って色1に紺色を格納してある状態です。

ここから塗りつぶしツールを選択した後、赤枠内を左クリックします。

すると下のように、赤枠内を紺色で塗りつぶすことができました(色2でも同じことができます)。

赤枠内が紺色で塗りつぶされた

これでなんとなく、スポイトと色1や色2の関係、そして塗りつぶしへの利用方法がおわかりいただけたと思います。

さらに、色のRGB情報を調べたいときにもスポイトが活躍します。

ペイントのスポイト|色1・色2・塗りつぶしを使った活用:まとめ

以上、ペイントのスポイトと、色1と色2の関係性や利用方法hをご紹介しました。

ちょっとしたことですが、知っているとかなり便利なスポイト機能。

ぜひマスターして使ってみてください。

なお、↓の記事では使用頻度の高いペイントの使い方を解説しています。

ペイントの使い方でお困りの方は必見です!

≫ Windows10ペイントの使い方|10分でマスターする使いこなし術

また、本ブログではPC利用法などの記事もご用意していますので、ご参考までにどうぞ。

≫【パソコン初心者でも大丈夫!】知って得する裏技的なPC利用法

それではまた、次の記事でお会いしましょう!

ペイントスポイト色2

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる