腕時計のプレゼント。その意味と、相手が喜ぶ効果的なポイント!

腕時計は仕事やプライベートの必需品。大切な人への贈り物には最適です。

ただし、プレゼントとしての腕時計にはいろいろな意味が含まれています。相手やタイミングを間違えると、誤解されてしまうおそれも…。

腕時計に特別な意味があるの!?

そこで、本記事では腕時計に込められた意味や、相手に喜んでもらうための効果的なポイントをご紹介します。

この記事の内容:
・腕時計をプレゼントする意味
・腕時計のプレゼントがピッタリな場合、注意が必要な場合
・相手に喜んでもらう方法
・腕時計の相場

※諸説ありますが、一般的な内容を基に記事を作成しています。

腕時計をプレゼントすることの意味

腕時計の役割は、個人の『時間』を管理することです。

これが由来となって、プレゼントとしての腕時計には次のような意味があります。

【プラスの意味】
・感謝
・あなたの傍にいたい
・仕事や勉強を頑張ってほしい

【マイナスの意味】
・独占欲の象徴

腕時計のプレゼントがプラスの意味に受け取られれば問題はありませんが、マイナスの意味にとらえられてしまうと大変です。

興味深いのは、マイナスの意味としての『独占欲の象徴』です。時計は常に身に付けているものなので、こうした解釈が生まれたのでしょう。

そこで、一般的に言われている、腕時計のプレゼントが適している場合とそうでない場合をまとめてみました。

腕時計をプレゼントするのにピッタリな場合

先ほどのとおり、腕時計にはプラスの意味とマイナス意味があります。親しい間柄のプレゼントならば、プラスの意味が全面的に働くはずです。

次のような人達への贈り物には腕時計はまさにピッタリでしょう。

恋人や夫婦

『これからも同じ時間を過ごしたい』という深い愛情表現を表せますね。

退職するお父さんやお母さんへの感謝や、還暦をお祝いする気持ちが伝わります。メッセージを添えれば、さらに喜ばれます。

部下や教え子

『仕事や勉強を頑張ってほしい』という激励の意味があります。

プレゼントされた相手がその意味を知らなくても、『頑張れよ』というメッセージは伝わります。現に私がそうでした 😉

腕時計のプレゼントを控えた方が無難な場合

目上の人

腕時計には、『仕事や勉学に勤勉に取り組んでほしい』という意味合いが含まれています。

そのため、目上の人(先生や上司など)への贈り物としては失礼にあたる場合があります。

どうしてもという場合は、腕時計を贈った理由をメッセージカードなどでうまく伝えましょう。

片思いの相手

先ほど、腕時計には独占欲の象徴とお伝えしました。そのため、片思いの相手から『独占欲の強い人』と誤解されるおそれもあります。

まだ交際に発展していない相手への腕時計のプレゼントは控えた方が良いかもしれません。

腕時計の意味を考えて効果的なプレゼントを

思いを込めたプレゼントなので、相手にはたくさん笑顔になってほしいですね。

そのためには、ちょっとしたひと手間加えると、より素敵なプレゼントとなるはずです。

試してみたい、このひと手間。手軽で効果的な演出方法

ギフトボックス

厚紙を切ったり貼ったりして箱を作るのは難しそうです。

しかし上の動画のように、折り紙や色付き画用紙で作成するなら、不器用な私でも何とかできそうです。

購入当時の包装でもちろん問題ありませんが、プレゼントをもらう側にとっては、こうしたひと手間が嬉しいものです。

ちょっと不格好なくらいが手作り感が出ていいかもしれませんね。

リボン

ギフトボックスの次は、リボンの結び方です。

斜めかけと十字かけの2タイプありますが、こちらの十字タイプの方がマネしやすそうです。

動画の結び方のように、茶色のボックスに金色のリボンというのもなかなかシックな組み合わせ素敵ですね。

私も実践してみようと思います。

プレゼントの意味とセンスが問われる腕時計

プレゼントの金額

プレゼントで気になるのはやはり金額ですね。

高すぎるとかえって気を遣わせてしまうし、安すぎると失礼にあたるかも…。

時計ブランドの調査によると、購入した時計の金額は、相手との関係性や年齢に応じてこんな感じになったそうです。

20代の方に贈る1万円~3万円
30代以上の方に贈る2万円~4万円台
恋人に贈る1万円~2万円

恋人に贈る場合はもう少し値段が高くてもいいような気もしますが… 。

なんにせよ、30,000円前後の腕時計なら安すぎず高すぎず、ちょうどよい金額といえます。相手に必要以上に気を遣わせない贈り物になりそうですね!

相手に喜ばれる腕時計

では、どのような時計が良いか?ここはまさにセンスが問われますね!

そこで、相手に合わせて外観やパーツをカスタマイズできるオリジナルな時計はいかがでしょうか。

他の人と被ることなく、贈る相手に合わせて世界で一つの時計を組み上げられるので、最近特に注目を集めいています。

相手のことを考えた、世界に一つだけの時計です。先程のギフトボックスやリボンと併せてプレゼントすれば、誠意や好意が伝わります。

また、カスタマイズして色違いのペアウォッチなども素敵ですね。

一部、オーダーメイド時計ではないものも含みますが、動画を付けてみました。どんなものか一度、雰囲気だけでもご覧になってみませんか?

見るだけでも楽しいですよ!

相手への特別な思いが伝わる腕時計のプレゼント:まとめ

プレゼントとしての腕時計にはいろいろな意味がありますが、大事なのはTPOを意識することです。

それさえ気を付ければ、腕時計ほどプレゼントとして効果的なアイテムはありません

この記事を書いている私自身、そのことを再認識しました。

どうすれば喜んでもらえるかな?

クリスマス・誕生日・進学祝・還暦のお祝い・退職記念などの贈り物として、相手に喜んでもらえる一品を選びましょう!

それではまた、別の記事でお会いしましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

Web解析士。Web業界歴9年。GAIQ保有。元・インフラ系SEで元・外資系社畜リーマンです。

趣味が高じてブログ飯に挑戦中です。

今日もブログを書きながら自己満足的にフカボリしていきます。

コメント

コメントする

CAPTCHA