Windows11でスクショ撮影|スクリーンショットで画面キャプチャ

windows11のスクショ撮影方法
こんな人に向けて書きました
  • Windows11でスクショを撮影したい
  • 簡単なスクリーンショットの方法を知りたい

取扱説明書の作成など、スクリーンショットを使う場面はたくさんあります。

しかし、画像の加工・編集はなかなか大変な作業です。

スクショの撮影や加工って結構大変…

そこで本記事では、『Windows11でスクショ撮影』というテーマでお伝えします。

スクショや画面キャプチャの作成方法4つに加えて、便利ツール2つも紹介!

画像を作成することが多い人は必見です!

関連記事誰でもできるwindows11の設定カスタマイズ20選

記事作成:ヤットキ
  • 大手通信企業の元SE
  • Web業界歴10年のWeb解析士
  • Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)
目 次

Windows11でスクショ撮影|スクリーンショットで画面キャプチャ

Windows11の標準機能を利用したスクショの作成方法は主に4つあります。

新たにソフトをインストールする必要はありません。

キーボード操作だけで誰でもすぐに利用可能です。

▼クリックで説明箇所にジャンプします。

それぞれの違いは、撮影範囲や画像の保存方法です。

利用シーンに合った方法をお試しください。

Windows11でスクショ撮影|方法その1:[PrtScr]キー

windows11のスクショ(スクリーンショット)撮影方法

[PrtScr]キーは最も基本的なパソコンのスクショの方法です。

撮影範囲はデスクトップ全体です。

こんな感じのスクリーンショを撮影できます。

windows11のスクショ(スクリーンショット)撮影方法
[PrtScr]キーで撮影したデスクトップ

なお、撮影した画像はフォルダには保存されません。

正確に言うとファイルとしては生成されません。

クリップボード(パソコン内部にある、メモリと呼ばれる特別な領域のこと)にデータとして格納されます。

PC内のフォルダを探しても画像ファイルは見つからないので注意してください。

スクショ画像、どうやって使うの?

そうなると、スクショ画像をどうやって利用できるのか疑問ですよね。

でもご安心ください。[Ctrl]+[V]で貼り付けるだけです。

ペイント/Word /Excel/Power Pointなどの貼り付け先を起動して、[Ctrl]+[V]でスクショ画像を貼り付けてください。

Windows11でスクショ撮影|方法その2:[Alt]キー+[PrtScr]キー

windows11のスクショ(スクリーンショット)撮影方法

[Alt]キー+[PrtScr]キーは、デスクトップ上にある最前面のウィンドウのスクショを撮影します。

例えば、複数のブラウザを起動しているとしましょう。

この場合、撮影されるのは最前面にあるブラウザ画面です。

下の例だと、一番手前にある緑のブラウザ画面のスクショが撮影されます(デスクトップの背景は撮影されません)。

そして最終的には、こんな感じのスクショが出来上がります。

また、エクセルやブラウザなど異なる種類のソフトを立ち上げている場合、最前面にエクセルがあれば、エクセルのウィンドウが撮影されます。

そして、撮影した画像はクリップボードに格納されるため、画像ファイルとしてフォルダに保存されるわけではありません。

ペイント、Word、Excelなどを起動して[Ctrl]+[V]でスクショ画像を貼り付けてください。

Windows11でスクショ撮影|方法その3:[Windows]キー+[PrtSc]キー

windows11のスクショ(スクリーンショット)撮影方法

[Windows]キー+[Prt Sc]キーで撮影される範囲は、デスクトップ全体です。

[PrtScr]キーだけでスクショを撮影した場合と同じですが、[Windows]キー+[PrtScr]キーの場合はPNG形式の画像ファイルとして保存することができます。

キーボード撮影範囲画像の保存
[PrtScr]デスクトップ全体クリップボード
[Windows]+[PrtScr]デスクトップ全体『スクリーンショット』フォルダ

上の表のように、[Windows]キー+[PrtScr]キーで撮影するたびに、PC>ピクチャ>スクリーンショットというフォルダにPNG形式の画像ファイルで保存されます。

そのため、連続してスクリーンショットを撮りたい場合は、[Windows]キー+[PrtScr]キーで撮影しましょう。

スクリーンショットというフォルダは自動的に生成されます。

Windows11でスクショ撮影|方法その4:[Windows]キー+[Shift]キー+[S]キー

windows11のスクショ(スクリーンショット)撮影方法

スクショ撮影の仕方として一番のおすすめは、[Windows]キー+[Shift]キー+[S]キーです。

[Windows]キー+[Shift]キー+[S]キーを同時押しすると画面が少し暗くなり、十字カーソルが表示されます。

十字カーソルをググ~っと動かして、スクショの範囲を指定することができます。

windows11のスクショ(スクリーンショット)撮影方法
十字カーソルで撮影範囲を指定

撮影した画像はクリップボードに格納されるため、画像ファイルとしては保存されません。

ペイント、Word、Excelなどを起動して[Ctrl]+[V]で貼り付けてください。

Windows11でスクショ撮影|ツールによるスクリーンショット

ここからはWindows11でのスクショ作成に便利なツール2つをご紹介します。

Snipping ToolはWindows11の標準ソフトですが、Screenpressoはダウンロードが必要なツールです。

Snipping tool|意外に知られていないWindows11の便利ツール

Windows11のスクリーンショット機能として、とても便利なものがあります。

それが『Snipping Tool』です。

なぜか認知度が低いので気付かない方も多いのですが、知る人ぞ知る便利なWindows11のツールです。

ここからはSnipping Toolの使い方を紹介していきます。

Snipping Toolを検索

タスクバーの検索窓に「Snipping Tool」と入力して検索してください。

windows11のスクショ(スクリーンショット)撮影方法

するとこんな画面が表示されます。

windows11のスクショ(スクリーンショット)撮影方法
「ファイルの場所を開く」を選択

『開く』をクリックして「Snipping Tool」を起動しましょう。

windows11のスクショ(スクリーンショット)撮影方法

ではいよいよ、このSnipping Toolを使ってスクリーンショットを作成していきます。

Snipping Toolの操作方法

操作方法はとても簡単です。

Snipping Toolを起動すると下のようなウィンドウが表示されます。

windows11のスクショ(スクリーンショット)撮影方法

このウィンドウに表示されているように、Windowsキー+Shift+Sを押しましょう。

画面が少し暗くなり、十字カーソルが表示されます。

十字カーソルをマウスでグリグリと動かして、スクリーンショットを撮影したい範囲を指定しましょう。

明るい部分がスクショの撮影範囲です。

明るい部分がスクリーンショットの撮影範囲

適当な場所でマウスから指を離すとスクショの撮影範囲が決まります。

撮影された画像は、クリップボードに保存されていますので、『ペイント』にペーストして、JPGかPNG形式で保存してください。

取説作成でスクリーンショットを扱うことの多い方は、ぜひ一度お試しください!

Screenpresso|超有能なフリーツール

Screenpressoはフランス企業によって開発・提供されていますが、日本語にも対応しています。

無料版と有料版がありますが、無料版でも十分すぎるほどの機能を使うことが可能です。

おそらく、スクリーンショットのツールで最も優秀なツールの一つといえるでしょう。

Screenpressoでできること

スクリーンショットの撮影と、撮影した画像の編集ができます。

実はこのツールの特徴は、画像の編集機能にあります。

たとえば、撮影したスクリーンショットをこんな感じで編集することができます。

ハイライト、矢印、文字入れなど、かなり細かく編集することができます。操作も直感的に分かる設計です。

さすがにここまでの機能はWindows10のペイントにはありません。

Screenpressoのダウンロード

Screenpressoは公式サイトからダウンロードすることができます。

『最新バージョン』と『エンタープライズ版』の二種類が表示されます。無料版の『最新バージョン』をダウンロードしてください。

上記のダウンロードボタンを押すと、『メールマガジンの購読』を促す小窓が表示されます。もし必要であれば、メールアドレスを登録してください。不要ならスキップで大丈夫です。

後は画面の指示通りにインストールを進めれば完了です。

なお、途中で『コンピュータにインストール』か『インストールせずに使用する』のどちらかを選択する場面が出てきます。

そのときは、『コンピュータにインストール』を選択すればOKです。

Screenpressoの使い方

Screenpressoを起動するとこんな画面になります。

画面上のメニューバーにアイコンが並んでいます。

矢印を入れたい場合は矢印アイコン、文字入れしたい場合はアルファベットアイコンをクリックしてください。

初めて使う人にも比較的分かりやすい画面になっているので、2~3回ほど使っているとコツが分かってきます。

【要点を1分で】
Windows11でスクショ撮影|スクリーンショット作成方法

以上、『Windows11でスクショ撮影』と題して、スクリーンショットの作成方法と便利なツールを説明しました。

まとめると以下のとおりです。

スクリーンショットの方法4つ

便利なツール2つ

スクリーンショットを使って画像で説明すると説得力のある資料を作成できます。

これらツールの使い方を覚えておくと便利ですよ!

とくに仕事で役立つと思いますので、これを機会にぜひマスターしてみてください。

それではまた、次の記事でお会いしましょう!

質問はコメントへ!お気軽に!

【Windows11の関連記事】

コメントはお気軽にどうぞ!

コメントする

CAPTCHA


目 次