Windows11のタスクバーの位置を左に移動させる方法

windows11のタスクバー を左に移動
こんな人に向けて書きました
  • タスクバーの位置を左寄せにしたい

Windows11にすると下の画像のように、タスクバーが真ん中にありますよね。

Windows11のタスクバーを左に移動させる

この配置に慣れるまでは、『タスクバーが真ん中にあって使いにくい』と不満を持つ人は大勢いるようです。

Windows10に慣れてるから、真ん中にあるタスクバーは使いにくい…

本記事では、Windows11のタスクバーの位置を左に移動させる簡単な設定方法をお伝えします。

タスクバーの位置を左に移動させるのは、30秒もあれば十分です。

PCを自分用にカスタマイズして、作業効率をアップさせましょう!

関連記事誰でもできるwindows11の設定カスタマイズ20選

記事作成:ヤットキ
  • 大手通信企業の元SE
  • Web業界歴10年のWeb解析士
  • Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)
目 次

Windows11のタスクバーの位置を左に移動させる方法

Windows11のタスクバーの位置を左に移動させるのは手軽にできます。

数回のクリックだけであっという間に完了です!

  1. タスクバーの何もない場所で右クリック
  2. 【タスクバーの設定】をクリック
Windows11のタスクバーを左に移動させる
  1. 【タスクバーの動作】をクリック
Windows11のタスクバーを左に移動させる
  1. 【タスクバーの配置】のプルダウンメニューから【左揃え】を選択
Windows11のタスクバーを左に移動させる

保存ボタンは無いので、そのまま設定ウィンドウを閉じてOKです。

そうすると、下の画像のようにタスクバーの位置が左に移動しているはずです。

Windows11のタスクバーを左に移動させる

Windows11のタスクバーの位置を左に移動させる設定は以上で完了です。

なお、Windows11のタスクバーの色を変更したいときは↓の記事をどうぞ!

関連記事Windows11のタスクバーの色を変更する設定

Windows11 タスクバーの動作に関する設定項目の意味

Windows11のタスクバーの動作に関する設定項目には、位置の移動にも次のようなものがあります。

  • タスクバーを自動的に隠す
  • タスクバー アプリにバッジ(未読メッセージカウンター)を表示する
  • タスクバーをすべてのディスプレイに表示する
  • タスクバーからウィンドウを共有する
  • デスクトップを表示するには、タスクバーの隅を選択します

それぞれについて説明していきます。

タスクバーを自動的に隠す

これは、タスクバーを非表示にすることで、その領域分だけ画面を広く使うための設定です。

この項目をONにするとタスクバーが非表示になります。そして、マウスを画面下部に合わせると、そのときだけタスクバーが表示されます。

マルチディスプレイにしている人は、OFFにしていても大丈夫でしょう。

タスクバー アプリにバッジ(未読メッセージカウンター)を表示する

文言だけではイメージが湧きにくい設定ですよね。

たとえばメーラーのアイコンをタスクバーに設置している場合、本項目をONにすると、未読メッセージ数がこんな感じで表示されます。

Windows11のタスクバーが表示されないときの対処法

本項目をOFFにすると、未読メッセージ数は表示されません。

Windows11のタスクバーが表示されないときの対処法

そこまで重要な表示ではありませんが、OFFにしていればちょっと便利になるといった具合でしょうか。

お好みに合わせてどうぞ。

タスクバーをすべてのディスプレイに表示する

ONにすると、メインとサブのディスプレイの両方にタスクバーが表示されます。

OFFにすると、メインのディスプレイにのみタスクバーを表示します。

タスクバーからウィンドウを共有する

TeamsやZoomなどを使用中、タスクバーに配置されたアプリケーションアイコンから画面共有できるというものです。

上の説明だけでは分かりにくいので、実際に利用してみて、使用感をつかんでほしいところですが、見せてはいけない画面を共有してしまう危険性もあるのでご注意ください。

デスクトップを表示するには、タスクバーの隅を選択します

これも文言を見ただけではよく分からない設定ですが、結論を言うと、この項目はOFFで大丈夫!

ここは、メインディスプレイのタスクバー右端をクリックすると、全ウィンドウを最小化できるという内容です。

[Windows]+[D]のショートカットでも実現できます。

タスクバーの右端とは、下の画像を参考にしてください。マウスを当てると縦長の線が表示されます。

Windows11のタスクバーが表示されないときの対処法

イメージがわかない方はこの設定をONにして、メインディスプレイのタスクバーの右端をクリックしてください。

すべてのウィンドウを最小化されて、何もないデスクトップが表示されます。

【要点を1分で】
Windows11のタスクバーの位置を左に移動させるカスタマイズ

以上、Windows11のタスクバーの位置を左に移動させるカスタマイズをお伝えしました。

タスクバーを左に移動させれば、以前のWindows10と同じ使用感で使えるので、作業しやすくなるはずです。

それでは手順をおさらいします!

ポイントをギュッと凝縮!

Windows11のタスクバーを左に移動させる
Windows11のタスクバーを左に移動させる
Windows11のタスクバーを左に移動させる

Windows11のタスクバーの位置を左に移動させたいときはぜひお試しください!

それではまた、次の記事でお会いしましょう!

質問はコメントへ!お気軽に!

【Windows11の関連記事】

コメントはお気軽にどうぞ!

コメント一覧 (1件)

  • これは非常に紛らわしい記事ですね。釣りですか?
    タスクバーじゃなくてアイコンを寄せる方法じゃないですか。
    アイコンを左に寄せるのなら説明要らなくね?

コメントする

CAPTCHA


目 次