旨みたっぷり。もしもアフィリエイトなら、Amazonアソシエイト審査に合格しやすい!

もしもアフィリエイトでamazonアソシエイト審査
こんな人に向けて書きました
  • Amazonアソシエイト審査に合格できない
  • かんたんにAmazonアソシエイトを利用したい

Amazonアソシエイトの審査になかなか合格できなくて…

ブログアフィリエイトを始めたら、まずはAmazonアソシエイトで収益をあげるのがオススメです。

しかし、このAmazonアソシエイトは審査が厳しいので、ブログ運営初期の頃はなかなか合格することができません。

そんなときの強い味方が【もしもアフィリエイト】です。

もしもアフィリエイト経由でAmazonアソシエイトに申請するほうが、個人で本家に申し込むよりも簡単に合格することができます。

本記事では、もしもアフィリエイトを経由して、Amazonの商品をアフィリエイトする方法を説明します。

この記事を書いた人

ヤットキプロフ

業界歴10年のWeb解析士GAIQ保有。

ガラケー時代からSNSに携わってます。

この記事を書いた人

ヤットキプロフ

業界歴10年のWeb解析士

GAIQ保有

ずっとSNSに携わってます。

目 次

もしもアフィリエイトなら、Amazonアソシエイト審査に合格しやすい!

先ほどもお伝えしたとおり、Amazonアソシエイトの審査は厳しいことで有名です。

もっとも大きな壁は、180日以内に3回以上、Amazonの商品を売れるかどうかのテストです。これがとても難しい…。

しかし、もしもアフィリエイトからAmazonアソシエイトに申請すれば、そうしたテストが不要になります。

つまり、そのぶんだけ合格しやすいわけです。

もしもアフィリエイトを経由するとAmazonの審査に通りやすくなる理由は明らかにはなっていませんがおそらく、ASPを挟むと、システム的に販売回数の確認が難しいのではないかと考えています。

また、もしもアフィリエイト会員は、そのブログの健全性がある程度担保されているということも関係していると思われます。

もしもアフィリエイト経由でも、Amazonアソシエイトに否認されることが稀にある

もしもアフィリエイトを経由すると、Amazonアソシエイトの審査に通りやすくなるとはいうものの、100%合格することを保証するものではありません。

たまにではありますが、否認される(不合格)ことがあります。

一定水準を満たした記事数や、最低限のサイトの作り込みは必要です。

もし落ちてしまった方は、次の点に注意してみてください。

  • 未成年でないこと
  • 10記事以上であること
  • 記事が一般的に60日以内に更新されていること
  • 肖像権に違反していないこと
  • 未完成サイトでないこと

詳しい内容はもしもアフィリエイトのサイトに掲載されています。

≫ もしも経由でのamazonアソシエイト審査基準

1ページにも満たない内容なので、必ず目を通しておきましょう。

もしもアフィリエイト経由でAmazonアソシエイトを利用するメリット・デメリット

もしもアフィリエイト経由でAmazonアソシエイトを利用する場合、多少なりともメリット・デメリットがあります。

それほど大きな影響はありませんが、気になる点ではあるので少し見ていくことにしましょう。

デメリット

基本的にデメリットはほぼないのですが、少しだけ不便な点があります。

それが次の2つです。

  1. 振込までの期間が長い
  2. 特別単価がない

ではそれぞれ説明します。

その1.振込までの期間が長い

報酬が振り込まれるまでの期間がやや長めです。

具体的には、承認された報酬金額が1,000円以上(住信SBIネット銀行は1円以上)になった月の翌々月末に振り込まれます。

たとえば、1月末時点で承認された報酬は3月末に振り込まれるので、2ヶ月のタイムラグがあります。

報酬発生の翌月なら嬉しいのですが…。

その2.特別単価がない

アフィリエイト案件では、たくさん成約すると、『特単(特別単価)』と呼ばれる特別報酬が適用されることがあります。

それはAmazonアソシエイトでも同様ですが、それは本家に直接申請した場合のみです。

もしもアフィリエイト経由のAmazonアソシエイトでは特単がありません。

特単の有無は収益を大きく左右するので、特単を狙いたい方は個人で直接、本家のAmazonアソシエイトに申請する方がおすすめです。

メリット

先ほどは、もしもアフィリエイトのデメリットをお伝えしました。

しかし、これらデメリットを補って余りある、次のようなメリットがあります。

  1. Amazon、楽天、Yahoo!ショッピングの取りこぼしが少ない
  2. お得なW報酬制度、振込手数料が0円

それでは詳しく見ていきます。

その1.もしもアフィリエイトなら、楽天、Yahoo!ショッピングの取りこぼしが少ない

Amazonアソシエイトを使いたいけど、それ以外の楽天、Yahoo!ショッピングの3大ネット通販の商品も紹介してみたいですよね。

もしもアフィリエイトなら三大ショッピングサイトの購入ボタンを掲載できるので、下のような商品紹介ができます。

お客さんの取りこぼしも少なくなり、報酬アップに繋がります。

実際、私のブログでも、楽天とYahoo!ショッピングの物販が全体の50%を占めています。無視できない割合ですよね。

≫ もしもアフィリエイト

その2.W報酬制度と振込手数料0円

もしもアフィリエイトにはかなりお得な制度があります。

それが、W報酬制度や振込手数料0円の2つです。

振込手数料0円については説明するまでもありませんが、特筆すべきはW報酬制度です。

従来の報酬に加えて、その12パーセントが上乗せされます。

たとえば、10,000円の報酬が発生した場合、1,200円を上乗せしてくれるという、他ASPにはない制度です。

ただし、Amazonや楽天アフィリエイトは対象外なのでご注意ください。

もしもアフィリエイトの会員登録(メディア登録)方法

メリット・デメリットが分かったところでいよいよ、もしもアフィリエイト経由でAmazonアソシエイトに申請していきましょう。

まず最初は、もしもアフィリエイトへの登録です。

≫ もしもアフィリエイト

上のリンクからサイトのトップ画面にアクセスしたら、【無料メディア会員登録】のリンクをクリックしてください。

次のような画面になります。

アドレスを入力して送信ボタンを押せば、仮登録は完了です。

『もしも会員 仮登録完了のご案内【もしも】』という件名で、本登録用URLが記載されたメールが送られてきます。

URLをクリックした後の画面でIDやパスワードなどの必要事項を入力しましょう。

すると、『もしも会員 本登録完了のご案内【もしも】』というメールが送られてきます。

以上で本登録完了です。

後日、『会員登録が完了しました!【もしも】』というメールが送られてきます。

これで、もしもアフィリエイトに登録が完了しました。

さて、ここからいよいよ、Amazonアソシエイトに申請していきます。それと同時に、楽天アフィリエイトとYahoo!ショッピングにも申請していきます。

あっけなく終わるので、以下の手順ですぐに申請してみてください。

もしもアフィリエイトにおける、Amazonアソシエイト審査のやり方(Amazon、楽天、Yahooショッピングと提携)

ここが折り返し地点!あともう少しだけ頑張りましょう。

もしもへログインして、検索窓からAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングをそれぞれ検索しましょう。

Amazon、楽天、Yahoo!ショッピングなど、広告のことを【プロモーション】と呼んでいます。

各プロモーションが見つかったら、それぞれと提携していきます。各プロモーション右上の『提携申請する』ボタンを押してください。

手続きは以上です。意外なほど簡単ですね!

もしもアフィリエイトにおける、Amazonアソシエイトの審査期間

審査結果が出るまでには数週間かかる場合もありますが、多くの場合、数日で結果が分かります。

申請が承認されれば、すぐにブログへ掲載可能です。

プロモーション検索でAmazonアソシエイトが見つからない場合は、『Amazon.co.jp』と入力してください。
同様に、Yahoo!ショッピングが見つからない場合は、『Yahoo!ショッピング』 または 『【Yahoo!ショッピング】商品購入』で検索してみてください(『』は不要)。

絶対に使いたい、『かんたんリンク』

もしもアフィリエイトでAmazonアソシエイトが使えるようになったら、絶対に利用したい機能があります。

それが【かんたんリンク】です。

上でも少しお伝えしましたが、かんたんリンクとは↓のことです。

これを使ったアフィリエイトリンクは、Amazonアソシエイトの効果を最大限に引き出してくれます。

なにしろ、Amazonには膨大な商品数を誇るので、これを利用しない手はありません。

Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングへのリンクボタンをまとめて掲載できるので、ユーザーの取りこぼしを防ぐことができます。

これ、自分のブログでやってみたかったやつ!

上のような商品リンクを作成する方法としては、Rinker(リンカー)というWordPressプラグインが有名です。

実は私もこのプラグインを使おうとしましたが、本家のAmazonアソシエイトの審査に合格する必要があったので断念しました。

しかし【かんたんリンク】なら、Rinkerを使わなくても同じような商品リンクを作成することができます。むしろ、かんたんリンクのほうが便利な気さえします。

では、使い方を説明していきましょう!

【かんたんリンク】の作り方

まず、もしもアフィリエイトのトップ画面の上部にある【かんたんリンク】をクリックしてください。

次のような画面になるので、検索窓に検索キーワードかAmazonの商品ページを入力しましょう。

今回はある時計の型番を入力してみました。

複数の検索結果が表示されるので、このなかから該当の商品をクリックしましょう。

選択した商品には緑色のチェックマークがつきます。

商品を選択すると下のような広告コードの発行画面になりますが、ちょっとした設定が必要になります。

おすすめの設定は、【画像表示サイズ:大】、【HTMLソースを1行にする】にチェックを入れる、です(下の画像の赤枠)。

そして最後に、【全文コピー】の緑色ボタンを押してください。

以上で、もしもアフィリエイト側での作業が終わりました。

ここから先ほどコピーした広告コードをWordPressの投稿画面に貼り付けていきますが、単に貼り付けるだけではうまくいきません。

ブロックエディタの【カスタムHTML】にペーストしてください。具体的な手順は以下のとおりです。

まず、【カスタムHTML】を選択します。

すると下の画像のように【カスタムHTML】の枠が表示されるので、この中に広告コードを貼り付けます。

貼り付けると↓のようになります。

最後に投稿のプレビューでうまく表示されているか確認してみましょう。↓のようになっていればOKです!

まとめ)もしもアフィリエイトなら、Amazonアソシエイト審査に合格しやすい!

以上、『もしもアフィリエイトなら、Amazonアソシエイト審査に合格しやすい』と題して、メリット・デメリット、実際の申請方法を説明しました。

ただ、どうしても本家のアソシエイトを利用したいという方もいると思います。

そんなときは、審査に合格するまでのつなぎとして、上記で紹介した、もしもアフィリエイト経由でのAmazonアソシエイトに申請してみてはいかがでしょうか。

≫ もしもアフィリエイト

賢く利用して、Amazonアソシエイトからの収益をどんどん上げていきましょう!

質問はコメントへ!お気軽に!

こちらの記事もチェック!

【ブログでまずは月5,000円への道】

【収益アップに直結する関連記事】

【アクセスアップにつながる関連記事】

【便利な画像編集ツールの関連記事】

コメントはお気軽にどうぞ!

コメントする

CAPTCHA


目 次