『応募書類在中』と朱書き印刷された履歴書用封筒。ここで売ってた!

本記事の内容:
『履歴書在中』と朱書き印刷済の履歴書用封筒(履歴書の中身なし)についてお伝えします。

企業には毎日、数多くの郵送物が届きます。

そうしたものの中から、あなたの応募書類をいち早く、そして確実に採用担当者に認識してもらうために、封筒の表面には『履歴書在中』と朱書きする必要があります。

そして、応募書類を郵送するときだけでなく、採用担当者に直接手渡しする場合にも、『履歴書在中』と朱書きした封筒に入れて提出しましょう。

だからこそ、『履歴書在中』と封筒に朱書きしたり、それを赤枠で囲ったりする作業くらいは省きたいものです。

実は私も、こんな風に思ってました。

『履歴書在中』って印刷された封筒だけ欲しい!中身いらない!

あなたはどうですか?

書類の作成に比べれば大した手間ではないかもしれません。

でも、毎回毎回、『応募書類在中』と赤ペンで書いて、さらにそれを赤枠で囲ったりするのは面倒じゃないですか?

実は私もそう思っている一人なんです。

履歴書の封筒に『応募書類在中』と朱書きする手間を省こう!

当時の私は、朱書きされた履歴書の封筒だけが販売されているかどうかなんて、考えもしませんでした。

そもそも、近所の文房具屋や大きな書店などにも置いていませんでしたし。

でも、ふと考えたんです。

履歴書自体はPCで作成したものを自前で印刷しているので、履歴書用紙があったとしてもゴミが増えるだけ。

だから、『履歴書在中』と朱書き印刷された封筒だけが販売されていないものかと。

しかし、ネットでは確かに売られていたんです!

『応募書類在中』と朱書きされた履歴書用の封筒ってなに?

下の画像は私が実際に購入したもので、A4サイズの書類が入ります。

もちろん販売されているものは封筒だけで、商品には履歴書本体は含まれていません。

上の画像は荒いですが、これで大体の感じはつかめると思います。

探していたのは、まさにこういうものだったんです!

そして、実際に使ってみると超便利でした!

わざわざ赤ペンを取り出して『応募書類在中』と書くストレスが減ります。画数の多い漢字なので面倒くさいんですよね。

それに、『封筒には宛先を書くだけでOK』と思うと、ただでさえ億劫な気持ちが不思議と楽になります。

Yahoo!知恵袋などのお悩みサイトには、封筒の朱書きのことで悩んでいる人もいるようですが、これを使えば一発解決!

 こんな封筒を使って大丈夫なの? 

私はこの封筒を使っても内定が出ました。

朱書きで印刷された封筒を使っても、書類選考や面接には全く影響ありませんでした

朱書きされた履歴書用封筒だけがほしい。ここで売ってた!

こうした商品が売られているということを早く知っておけばよかったと思う今日この頃です。

『あったら便利!』という代表格のようなものです。

これはAmazonや楽天などの通販サイトで販売されていて、実際の店舗ではあまり取り扱っていないようです。

下のリンクは5枚セットでの販売です。

 

もっと枚数が欲しいという方にはこちら↓をどうぞ。1枚当たりの金額もお得です。

履歴書用の封筒ではなくスタンプが欲しいという方には・・・

そしてなんと、封筒だけでなく『履歴書在中』というスタンプも販売されていました!

これまた、『あったら便利!』というものですね。

スタンプの最大の特徴はなんといっても、無地の白色封筒か茶封筒を買ってくればすぐに量産可能という点です。

  •  安く大量に作れる。
  •  残り枚数を気にせずどんどん応募できる。

上記のような利点はぜひ活用したいところです。

その点、朱書き印刷済みの封筒の弱点は、残り枚数を気にしつつ、ストックがなくなってしまうと発注しなければいけません。

商品の到着まで少し時間が空いてしまいますね。

そういう意味ではスタンプの方がおすすめです。こういうのを売ってる実店舗って案外見つからないので通販は重宝します。

もうちょっと安いのが欲しいという方にはこちら↓をどうぞ。ただし別途、朱肉が必要です。

封筒とスタンプのどちらを利用するにせよ、わざわざ『履歴書同封』と朱書きする手間が省けると思うだけで、精神的ストレスが軽くなりますよ。

【おまけ】茶封筒・白色封筒の論争に終止符を打つ!

私は仕事で少しだけ書類選考にかかわっていたこともあります。

そのため、茶封筒と白色封筒のどちらがいいのか相談されることがあるのですが、ハッキリいってそんなのどっちでもいいです。

採用側からすれば封筒の色なんて気にもしたこともありません。

もっと言うと、封筒の色に関する採用基準なんてありません。そんなことをいちいち気にしてたら仕事が進みませんし…。他社さんも同じだと思います。

なので気にしなくてよいです。

しいて言うなら、白色封筒の方が目立つかな、というくらいです。でも、目立ったからなに?という感じですが・・・。

封筒の色で多少の優劣が付いたとしても、肝心の応募書類がグチャグチャなら即終了です。

封筒の色に気を配るくらいなら、履歴書や職務経歴書の内容を推敲するほうが数百倍も有益だと思います。

あと、履歴書はクリアファイルに入れたうえで封筒に入れる方がいいです。折れませんからね。

大丈夫、きっとうまくいきますよ 🙂 !

最新情報をチェックしよう!