【2020年最新】初心者でも超簡単!LOCALでWordPressのテスト環境を作ろう!

WordPressテーマをいきなり変更するのはちょっと怖い。

ネットを検索していると、気になるWordPressテーマに出会ったりすることがあります。

そんなとき、自分が運営しているサイトにいきなりそのテーマを適用すると、デザイン崩れなど、予期せぬ不具合が起こる可能性があります。

そうした事態を防ぐため、ローカル(自分のPC内のこと)に構築した仮想的なWordPressを使って、サイトリニューアルのためのテストを事前に行ったほうが安心です。

こうしたテストを行うための試験環境では、サイトリニューアルだけでなく、新しいプラグインの動作確認などを行うことも可能です。

自分のPC内というクローズな環境でのみ動くWordPressなので、本番環境のサイトには何の影響もありませんし、ネットに公開する前に色々とテストすることができます。

これを実現するため一般的には、MAMPやXAMPP等の導入がよく知られていますが、サーバに関する知識が必要となるので敷居が高いです。

しかし、私のような初心者でも簡単にテスト環境を構築することのできる夢のような無料ソフトがあります。それが【LOCAL】です!

次の手順とおりに行えば大丈夫。私でも簡単にできましたので、間違いなくあなたにもできます!

テスト環境なら何も気にすることなく色んな事をバンバン試せますよ!

事前準備

最初に、一つだけ事前準備が必要です。

それは登録用のメールアドレスです。私はこのためにG-Mailを新たに作成しました。

『え?登録が必要なの?』と不安に思われるかもしれませんが、ご心配なく。
私の場合は、登録後にサンクスメールやPRメールが3通来ただけです。

無料で優良ツールを提供してくれているので、これくらいのメールは享受しないといけないかもしれませんね。

ダウンロードとインストール

ではまず、LOCALのサイトからファイルをダウンロードします。

ファイルのダウンロード

1. サイトに移動したら、赤枠で示したリンクをクリックしてください。

 

2. すると、次の画面が表示されますのでご自身が使用しているOSを選んでください。

 

3. 複数の入力項目がありますが、とりあえずは、事前準備で用意したアドレスをWork Emailに入力すれば大丈夫です。その後、「GET IT NOW!」ボタンを押しましょう。すると、exeファイルがダウンロードされて終了です。次はインストールです。

 

インストール

1.  ダウンロードしたexeファイルをクリックしましょう。「インストールオプションの選択」画面が表示されますが、「現在のユーザーのみにインストールする」にチェックすればでOKです。その後、「次へ(N)」ボタンを押しましょう。

 

2. インストール先は特に変更しなくてもよいです。そのまま「インストール」ボタンを押しましょう。

 

3. 次の画面が出れば、インストール完了です。

 

いよいよテスト用WordPressをインストール!

ではいよいよ、インストールしたLOCAL上にテスト用WordPressを入れていきます。初回の起動時だけ、利用規約への同意画面が表示されます。

1.  利用規約への同意画面です。チェックボタンにチェックを入れて、『I AGREE』ボタンを押しましょう。ちゃんとしたサービスなので、不安になる必要はありません。

 

2. エラーレポートの送信画面です。送信する必要はないので、何もせずにそのまま「いいえ」を押します。

3. なにもせずに右上のクローズボタンを押します。

 

5.  テスト用WordPressサイトを作成するため、「CREATE A NEW SITE」ボタンを押してください。

 

6. サイト名を入力してください。テスト環境なので、適当で構いません。

 

7.  「Preferred」のまま、右下の「CONTINUE」ボタンを押してください。

 

8. テスト環境のWordPressにログインするためのユーザー名とパスワードを決めましょう。ここでの入力内容はちゃんとメモに控えておいてください。Emailの欄には、インストール画面で入力したアドレスを入力してもよいでしょう。私は適当に入力しました。

ユーザー名、パスワード、メールアドレスを入力したら、右下の「ADD SITE」を押してください。

 

9. 自動的にWordPressがインストールされます。少し待ちましょう。

 

10.WordPressのインストールが完了すると、次の画面になります。そのまま、右上にある「ADMIN」ボタンを押しましょう。

 

11. ブラウザの選択画面が表示された場合は、WordPressを表示させたいブラウザを選択してください。

 

12. いつものWordPressのログイン画面が表示されました!手順8でメモしたユーザー名とパスワードを入力しましょう。この段階ではまだ英語表示になっていますが、この後、日本語化しますのでご安心ください。

 

13. テスト環境におけるWordPressのダッシュボード画面です。この後、日本語化していきます。

 

14. 日本語化していきます。左側の「Settings」を選択して、「Site Language」から日本語を選びます。

 

15. 手順14で日本語を選択したら、画面の下にある「Save Changes」を押して設定を保存しましょう。

 

16. これで基本的な設定は完了です!お疲れさまでした!これ以降、プラグインやテーマの導入は、普段使っているWordPressと操作は同じです。
なお、WordPressをログアウトした後は、この画面が表示されます。右上の「STOP SITE ■」ボタンを押してLOCALを停止しましょう。

 

17. LOCALを終了するときは左上のハンバーガーメニューをクリックして、「Exit」を選択して下さい。

 

18. 次回以降、LOCALを起動する場合は、デスクトップ上のこのアイコンをダブルクリックして下さい。

 

19. 以上、LOCALの設定でした!快適なWordPressのテスト環境をガンガン使いまわしましょう!

最新情報をチェックしよう!