お家にいる方が楽しくなる一ヶ月間> 詳しくはこちら <

One Drive(ワンドライブ)を使わない人向け|バックアップと自動起動の停止方法

ワンドライブを使わない
この記事の内容

ワンドライブの自動バックアップや自動起動を停止させて、データをクラウドに送信させない方法

難易度:
2.0

Windowsパソコンを使っていると、ワンドライブがデータをクラウドに送信して、バックアップを取ろうとしていること、ありませんか?

勝手にデータを送信してほしくない…

かといってワンドライブをアンインストールするのは、ためらっちゃいますよね。

そこで本記事では、ワンドライブを使わない人に向けて、バックアップ機能の停止や自動起動を停止する方法を説明します。


業界歴9年のWeb解析士GAIQ保有。

ガラケー時代からSNSの仕事をしてました。

Twitterはこちら→ @yattoki_mashita

目次

One Drive(ワンドライブ)を使わない人は、自動バックアップや起動を停止させよう

そもそもワンドライブとは、インターネットに繋がっていれば、どこからでもデータにアクセスできるオンラインストレージのことです。

同様の機能としては、Googleドライブがあります。

自動でクラウド上にデータをバックアップしてくれるので便利ではありますが、勝手にアップロードされるのには抵抗があります。

マイクロソフト社によると、データが外部に漏れることはないそうですが、やはり不安が残ります。

ワンドライブを使わないという場合は、以下の手順で自動バックアップ機能を停止させましょう。

バックアップを停止する方法

まず、デスクトップ右下に表示されているワンドライブのアイコンをクリックして下さい。

ワンドライブを使わない
ワンドライブ

すると下の画像のようなメニューが表示されるので、『ヘルプと設定』>『設定』を選択します。

ワンドライブを使わない
ワンドライブの『設定』

『Microsoft OneDrive』という設定画面が表示されるので、『バックアップ』タブの中の『バックアップ管理』をクリックして下さい。

ワンドライブを使わない
ワンドライブの設定画面

バックアップの対象となる『デスクトップ』『ドキュメント』『写真』の3項目が表示されるので、右上に付いているチェックを外しましょう。

ワンドライブを使わない
チェックを外す

全てのチェックを外すと下のような状態になります。これでOKです。

ワンドライブを使わない
バックアップが停止した状態

ワンドライブが勝手に起動するのを停止する方法

また、ワンドライブが勝手に起動するのを停止させるには、先ほどのOne Drive設定画面に戻ってください。

『全般』項目の中の『WindowsにサインインしたときにOnedriveを自動的に開始する』のチェックを外しましょう。

ワンドライブを使わない
自動的な起動を停止

これでワンドライブが勝手に起動することはなくなります。

One Drive(ワンドライブ)を使わないなら、バックアップと自動起動を停止させる:まとめ

以上、ワンドライブを使わない場合の、バックアップと自動起動を停止させる方法でした。

あらためて利用したい場合は、上で説明した方法とは逆の手順を行えばOKです。

オンラインストレージなので、複数人とデータを共有する場合なら便利なのですが、そうした利用シーンがない場合はむしろ停止したほうが安心できますよね。

また、今後もワンドライブを使わないという方は削除するのもアリだと思います。その場合は下の記事をご覧ください。

≫ ワンドライブの削除方法

↓の記事では、OneDriveの基本的な使用方法を解説しています。

使い方でお困りの方はぜひご覧ください。気になるものがあったらぜひ実践してみてください。

下の記事では、仕事や日常生活に活用できる、パソコン便利機能を紹介しています。

PCの作業効率をアップさせたい方は必見です!

≫パソコンの便利機能|仕事や日常生活を便利にする裏技テクニック

それではまた、次の記事でお会いしましょう!

ワンドライブを使わない

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメントはお気軽にどうぞ!

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる