お家にいる方が楽しくなる一ヶ月間> 詳しくはこちら <

ワンドライブの削除方法|使う予定がないなら削除もアリ

この記事の内容

ワンドライブを削除して、データがクラウドに保存されないようにする方法

難易度:
2.0

パソコンのデータバックアップのために、ワンドライブがクラウド上に情報を送信することがあります。

マイクロソフト社によれば、そうしたデータが外部に漏れることはないとしていますが、ちょっと抵抗がありますね。

ワンドライブのバックアップは不要だし、使う予定もないので削除したい。

もし使う予定がないということであれば、ワンドライブの削除を検討しましょう。


業界歴9年のWeb解析士GAIQ保有。

ガラケー時代からSNSの仕事をしてました。

Twitterはこちら→ @yattoki_mashita

目次

ワンドライブの削除方法|とても簡単です

デスクトップ左下にあるWindowsボタンを押して『設定』をクリックして下さい。

『設定』をクリック

設定画面から『アプリ』を選択します。

『アプリ』を選択

左側のサイドメニューから『アプリと機能』をクリックすると、『アプリと機能』のメニュー一覧が表示されます。

メニュー一覧の中から『Microsoft OneDrive』を見つけてクリックして下さい。

すると、アンインストールボタンが表示されるので、これを押しましょう。これで削除完了です!

アンインストール

ワンドライブを削除した後、やっぱり使いたくなったら…

上記の手順でワンドライブを削除したものの、『やっぱり後で使いたくなった!』という場合もあると思います。

そんなときは再度インストールすればOKです。インストール方法はこちらの記事をご覧ください。

≫ OneDrive(ワンドライブ)を再インストールする方法

また、Web版のワンドライブを使うのもおすすめです。

Web版ワンドライブにアクセスしてMicrosoftアカウントでサインインすると、下のようなクラウド上の個人用保管スペースが表示されます。

Web版ワンドライブ

容量は5GBなので、データの保管用としては十分な量です。

ちなみに、個人用Vaultというのは、セキュリティがさらに強固になったフォルダのことで、アクセスするためには2段階認証が必要になります。

アイコンにあるとおり、金庫のようなイメージですね。

アプリからでも利用できるので、ワンドライブを削除してしまったらこうしたサービスを利用するのも手です。

ワンドライブの削除方法:まとめ

以上、ワンドライブの削除方法を説明しました。

個人情報はシステム任せではなく、自己管理が必要な時代です。

用途の有無を自分で判断して、プライバシーをしっかり守りましょう。

↓の記事では、OneDriveの基本的な使用方法を解説しています。

使い方でお困りの方はぜひご覧ください。気になるものがあったらぜひ実践してみてください。

下の記事では、仕事や日常生活に活用できる、パソコン便利機能を紹介しています。

PCの作業効率をアップさせたい方は必見です!

≫パソコンの便利機能|仕事や日常生活を便利にする裏技テクニック

それではまた、次の記事でお会いしましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメントはお気軽にどうぞ!

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる