意外に簡単!Googleドライブにアップロードできない時(PC版)の原因と対策

Googleドライブアップロードとできない時(PC版)
こんな人に向けて書きました
  • Googleドライブの共有フォルダにアップロードできない理由が分からない
  • ファイルが文字化けした時の対応方法を知りたい

Googleドライブ、使い方が難しくてよく分からない…

Googleドライブの使い方が分からず、戸惑っている方も多いのではないでしょうか?

たとえば、『共有フォルダにアップロードできなくて困っている』との声もよく耳にします。

そこで本ブログでは、そんなときの確認方法と対応策を説明します。

すぐに解決できるので、ぜひご覧ください!

この記事を書いた人

ヤットキプロフ

業界歴10年のWeb解析士GAIQ保有。

ガラケー時代からSNSに携わってます。

この記事を書いた人

ヤットキプロフ

業界歴10年のWeb解析士

GAIQ保有

ずっとSNSに携わってます。

目 次

Googleドライブにアップロードできない時(PC版)の原因と対策

共有フォルダにアップロードできないときは、次の5つを確認して下さい。

  1. アップロード権限がない
  2. インターネットに繋がっていない
  3. 保存容量をオーバーしている
  4. ファイルサイズ
  5. ファイル形式

では、以下で詳しく見ていきましょう。

その1.アップロード権限がない

これが最もよくある原因です。

ファイルを共有するとき、Googleドライブのオーナーは次の3つの権限のいづれかユーザーに付与します。

閲覧者
ファイルの閲覧のみ可。編集不可
閲覧者(コメント可)
ファイルの閲覧とコメントのみ可。編集不可
編集者
ファイルの編集可

アップロードできないのは、あなたの権限がファイルの閲覧に限定されている可能性があります。

Googleドライブのオーナーにお問い合わせ下さい。

その2.インターネットに繋がっていない

当然ですが、Googleドライブなどのクラウドサービスを利用するためにはインターネット接続が前提です。

接続状況をよくチェックしてみてください。

その3.保存容量をオーバーしている

気づかないうちに保存容量をオーバーしている場合があります。この場合、ファイルやフォルダーをアップロードできません。

普段から保存容量をチェックしておきましょう。

Googleドライブへのアップロードとアップロードできない時

なお、Googleドライブの保存容量は1.5Gです。

しかし、あまり知られていませんが、この1.5GというのはGmailやGoogleフォトも含めた容量です。

もし1.5Gを超過している場合は、Googleドライブ/Gmail/Googleフォトから余分なデータを削除しましょう。

また、課金してGoogleドライブの容量を追加するという方法もあります。

もっとも現実的なのは次のプランです。

ベーシックプランスタンダードプラン
100 GB200 GB
月額250円月額380円

その4.アップロードのファイルサイズが大きすぎる

あまり見ないケースではありますが、Googleドライブにアップロードできるファイル容量には制限があります。

ざっと説明すると以下のとおりです。

テキストファイルスプレッドシートプレゼンテーション
半角102万文字(全角51万文字)まで1,000万セルまたは 1万8,278列まで 100 MBまでのGoogleスライド
50 MBまでのGoogleドキュメント

文字数やファイルサイズに関しては滅多に制限に引っかかることはないと思いますが、どうしてもアップロードできないという場合は、一応確認してみてください。

その5.Googleドライブが認識できないファイル形式

Googleドライブにアップロードできる主なファイルは次のとおりです。

一般的なファイルAdobe ファイルMicrosoft オフィスApple
圧縮(ZIP、RAR、tar、gzip)PDF、DXF、AI、PSD、
EPS、PS、SVG、TIFF、
TTF
EXCEL(XLS、XLSX)key、numbers
画像(JPEG、PNG、GIF、BMP、
TIFF、SVG)
Word(DOC、DOCX)
音声(MP3、MPEG、WAV、ogg、
opus)
PowerPoint(PPT、PPTX)
動画(WebM、MPEG4、3GPP、
MOV、AVI、MPEGPS、WMV、
FLV、ogg)
パスワードで保護された
Microsoft Office
コード(CSS、HTML、PHP、C、
CPP、H、HPP、JS、java、py)
テキスト(TXT)

あまり見かけないケースですが、マニアックな言語のコードをGoogleドライブで管理している場合、サポート対象外の拡張子を持つファイルはアップロードできませんのでご注意ください。

Googleドライブへのアップロード方法をおさらい

上記ではGoogleドライブへアップロードできない時の理由と対策をお伝えしましたが、ここでもう一度、基本をおさらいしたいと思います。

まずは、Googleドライブの画面構成をざっと説明します。

左のサイドバーにある次の3つを意識しておけばOKです。

  • マイドライブ
  • パソコン
  • 共有アイテム】

【マイドライブ】はGoogleドライブ内の全てのファイルやフォルダ、【パソコン】は同期しているPC、【共有アイテム】は他のメンバーと共有しているファイルやフォルダを表示します。

いずれかをクリックすると、画面中央にその内容が表示されます。

Googleドライブへのアップロードとアップロードできない時

例えば上図では【マイドライブ】が選択されているので、画面中央にはマイドライブの内容が表示されています。

しかし、デフォルトでは少し見にくくなっています。

具体的には、Googleドライブにログイン画面真ん中にある【候補リスト】がちょっと邪魔です。

Googleドライブへのアップロードとアップロードできない時

【候補リスト】とは、最近使ったファイルなどを表示するものですが、これを非表示にしてスッキリさせます。

まず、画面右上の歯車マークをクリックして【設定】を押して下さい。

Googleドライブへのアップロードとアップロードできない時

そして【候補】の項目からチェックを外しましょう。

Googleドライブへのアップロードとアップロードできない時

候補リストが表示されなくなったので、これで画面が少しスッキリしました!

Googleドライブへのアップロードとアップロードできない時

お待たせしました。

ではいよいよ、基本的なアップロード方法の説明に移ります。

具体的なアップロード手順

操作はいたってンプル。画面左上の【新規】をクリックしてください。

メニューが表示されるので、【ファイルのアップロード】か【フォルダのアップロード】を選択します。

Googleドライブへのアップロードとアップロードできない時

あとはPCの中のアップロードするものを選択すれば、Googleドライブにアップロードされます。

Googleドライブへのアップロードとアップロードできない時

手順は以上です。

簡単でシンプルなので分かりやすいと思います。

おまけ:アップロードしたファイルが文字化けした!

アップロードしたテキストファイルを見てみると、『文字化けしている!』なんてことがたまにあります。

そんなときは、ファイルの文字コードUTF-8にして保存し直してから、再度アップロードしてみて下さい。

文字化けを起こしている場合は、この方法で正常に表示されます。

Googleドライブへのアップロードとアップロードできない時

まとめ)即解決!Googleドライブにアップロードできない(PC編)理由と対策

以上、 『Googleドライブ共有フォルダにアップロードできない時(PC編)』と題してアップロードできない時の対応方法を説明しました。

仕事やサークル活動にうまく活用していきましょう!

なお、Googleドライブに関する基本的な使い方を説明しています。

それではまた、次の記事でお会いしましょう!

【関連記事】

Googleドライブのログイン

Googleドライブからのダウンロード(データの保存先など)

Googleドライブの共有方法

Googleドライブの同期設定

Googleドライブの使い方まとめ

コメントはお気軽にどうぞ!

コメントする

CAPTCHA


目 次
閉じる