ユーザー急増のCanva Pro|その料金と使い勝手を検証

CanvaProの料金
こんな人に向けて書きました
  • Canva Proがイイらしいと聞いたけど、実際のところを知りたい
  • Photoshopとか敷居が高すぎて困っている…

Canva Proって評判がいいらしい!どんなものか教えて!

本記事では主に、Canvaの有料プランであるCanva Proの料金とその使い心地をまとめました。

無料プランでも高機能なので、ほぼ全てのブロガー御用達といっても過言ではありません。

しかし、背景透明化やリサイズなどの機能や、61万点以上のテンプレ、7,500万枚以上の写真素材等が使い放題になることを考えると、Canva Proもかなりのお得感があります。

≫ Canva Pro公式サイト

ではさっそく、詳しく見ていきます。

この記事を書いた人

ヤットキプロフ

業界歴10年のWeb解析士GAIQ保有。

ガラケー時代からSNSに携わってます。

この記事を書いた人

ヤットキプロフ

業界歴10年のWeb解析士

GAIQ保有

ずっとSNSに携わってます。

目 次

ユーザー急増のCanva Pro|その料金と使い勝手を検証

Canva Proを使えば、誰でも簡単にプロ級のデザインを作成することができます。

パソコンのブラウザで画像を編集するので、特別なソフトをインストールする必要もありません。

手軽でダイナミックな編集サービスです(スマホの場合はアプリ使用)。

ビジネスやお店などで商用利用できる?

Canvaで作成したデザインは、商用利用もOKです。もちろん、SNSやブログでの使用も可能!

無料プラン・有料プランのどちらで作成したデザインでも利用できます。

たとえば、こんな感じの利用もOKだそうです。

  • 広告、営業資料など
  • CanvaでデザインしたTシャツの販売

ただし、次のような利用は制限されているので注意しましょう。

無料プランで有料の素材やテンプレートを使う

無料プランのユーザーは有料テンプレや素材を使うことはできません。

この場合は、課金して購入する必要があります。

著作権侵害

これらです。

また、無加工の素材(写真・音楽・動画など)を販売することなども禁じられています。

禁止事項にはしっかりと目を通しておきましょう。

Canva Proの料金について|無料じゃないの?

初心者から上級者まで、幅広いレベルの人達に支持されているCanvaですが、利用するためにはまず登録しなければいけません。

プランは次の3つです。

  • Canva(無料プラン)
  • Canva Pro(有料プラン)
  • Enterprise(主に企業が対象)

Enterprise版は企業での利用を想定しているので、ここでは割愛します。

また、教育機関と非営利団体は無料で利用可能です。

Canva(無料プラン)Canva Pro(有料プラン)Enterprise(主に企業が対象)
無料1,500円/月(年払い12,000円)
※年払いだと1,000円/月換算
3,000円/月

そして、プランごとの判断基準はこんな感じです。

Canvaがおすすめ!
Canva Proがおすすめ!
  • 凝った編集は必要ない人
  • 何が何でも無料で編集したい人
  • アイキャッチを作るのが好き人
  • SNSなどによく投稿する人
  • センスのあるポスターやチラシを作りたい人

他の人と差をつけたり、ブログ・ポスター・チラシなどのために多くの素材や機能を使いたい場合は、Canva Proを選んだほうが無難です。

勝手に有料にされたりしないか心配…

気付いたら有料プランに変更されてたりしない?

結論を言うと、そんなことはありません。

実際、私も最初の数ヶ月ほど無料プランでしたが、『気付いたら課金されていた!』なんてことはなく、安全に使えました。

また、頻繁にメールが送られてくることもありません。

安心して登録して大丈夫です。

無料トライアルについて(30日間無料お試し)

Canva Proにするか迷ってるんだよね…。

無料プランでも使いやすい機能が提供されている点が、Canvaの人気の理由です。

しかし、背景透明化やリサイズ機能、61万点以上のテンプレ、7,500万枚以上の写真素材等が使い放題など、費用対効果を考えるとCanva Proを使う価値は十分あります。

そしてぜひ体験してほしいのが、30日間の無料トライアルです。その名のとおり料金不要なので、まずはここからスタートしてみませんか?

Canva Proだけの素材・テンプレ・便利機能を、無料トライアル期間中に使いたおすのもアリです!

トライアル期間中の解約でも料金はかかりません

≫ Canva Pro 30日間無料トライアル

実際に使ってみて、最初から有料版にしておけばよかったと感じています。

Canva Proを利用するときには必ず、30日間の無料トライアルを経由して利用することになります。

Canva Proを安く利用する方法

Canva Proは有料プランですが、次の支払い方法によって安く利用することができます。

  • 年払いにする
  • チームのメンバー間で利用する

以下、もう少し詳しく説明します。

年払い

最も確実かつ簡単なのは『年払い』です。

基本は月額1,500円ですが、年払いなら年額12,000円。

つまり、年払いなら月額1,000円相当になります。年間通して6,000円も節約できる計算です。

もちろん、最初は月払いにしておいて、途中から年払いに変更することもできます。

チームメンバーでシェア

そして、変化球的な利用法なのが、チームメンバーでのシェアです。

月額1,500円で利用する場合、5人でシェアして利用可能です。

一人あたり300円/月になるので、出費をかなり抑えることができます。

Canva ProのチームメンバーをTwitterで募集している人もいるようですが、金銭トラブルに繋がりやすいのでオススメできません。

CanvaPro(有料プラン)の料金支払い方法

CanvaPro(有料プラン)の料金支払い方法は次の3つです。

  1. クレジットカード
  2. デビットカード
  3. PayPal

多くの方がクレジットカードをお持ちだと思うので、決済方法で悩むことはないでしょう。

Canva Proの申込方法

では、実際にCanva Proの無料トライアル申込方法を説明します。

3分もかからず完了しますので簡単ですよ。

まず、以下のリンクからCanva公式サイトにアクセスしてください。

≫ Canva Pro公式サイト

では登録手順を説明していきます。

  1. 公式サイトやホーム画面などにある、無料トライアル開始ボタンを押す(下の画像はホーム画面のもの)
  1. 再度、無料トライアル開始ボタンが表示される場合は、もう一度を押す
  1. 月払い or 年払いを選択(私は年払いを選択しました)
  1. 支払い方法を選択(私はクレジットカード払いを選択しました)
  1. メンバーがいる場合はここで入力
  1. 個人的なプロジェクトでOK
  1. 『了解』ボタンを押せば申し込み完了!すぐにCanva Proを利用できます。

なお、上記の手順が完了すると、ホーム画面左上には【Pro】と表示されています。

登録の詳細はこちらをどうぞ。

Canva(無料プラン)とCanva Pro(有料プラン)の機能

Canva(無料版)とCanva Proには機能面で次のような違いがあります。

それほど違いがないように見えて、実は大きな差があります。

比較表を作ってみました。

一言で言うならこんな感じです。

無料版にこんな機能があったらもっと便利なのになぁ~

このあたり、Canva社のマーケティングはうまく出来ています(笑)

機能Canva(無料Canva Pro
無料テンプレ、ロゴ、フォント、写真
プレミアム素材
キャンバスのカスタムデザイン
PDF、JPG、PNGのダウンロード
Canvaアプリの利用と同期
リサイズ
背景透明化
背景を透明化した画像のダウンロード
アニメーションGIFやMP4のダウンロード
Canvaから各種SNSに直接投稿
24時間365日のサポート

以下では、これらCanva Proの機能の中から、特に便利なものを紹介します。

Canva Proのメリット(めちゃ便利な機能)

Canva Proを利用すると、作成するデザインのクオリティは確実に上がります。

その中でも特に、役立つ機能を紹介します。

背景透明化(背景リムーバ)

Canvaの背景透明化は、「背景リムーバ」と呼ばれる機能で実現できます。

先ほど説明したように、これはCanvaProの限定機能です。30日間の無料トライアル中に透明化してしまうのもアリです。

≫ Canva Pro公式サイト

たとえば、下の画像の背景を透明にしてみましょう。

Canvaの使い方:背景の透明化(透過)
  1. 選択編集画面の左上にある【画像を編集】をクリック
  2. 【背景リムーバ】を選択
Canvaの使い方:背景の透明化(透過)
  1. 背景が透明になったら、【適用】ボタンをクリックして完了!
Canvaの使い方:背景の透明化(透過)

上では背景を透明にする方法をお伝えしましたが、これ以外にも、次のようなことも可能です。

  • 箇所の個別に指定した透明化
  • 背景の一部復元

詳細は次の記事をご覧ください。Canva以外の無料背景透明化ツールも紹介しています。

リサイズ(マジックリサイズ)

アイキャッチやポスターの作成途中に、サイズ変更の必要に迫られた経験はありませんか?

そんなときは、Canvaの「マジックリサイズ」の出番です。

「マジックリサイズ」はデザインの作成途中であっても、ボタン一発でサイズ変更できます。

たとえば、次のようなデザインのポスターを見てみましょう。

  1. デザイン編集画面の左上にある【サイズを変更】
  1. カスタムサイズの幅と高さを入力

これで作成途中のデザインのサイズ変更ができます。

あまり知られていませんが、重宝する機能です。

61万点以上のテンプレ、7,500万枚以上の写真素材等が使い放題

Canva Proは61万点以上のテンプレ、7,500万枚以上の写真素材等が使い放題です。

これは、Canva Proの最大のウリといえます。

どれもプロデザイナーが作成したものなので、クオリティーがものすごく高い!

そこで、架空の会社を想定して、テンプレをカスタマイズしてプレゼン資料を作ってみました。

スライドできるので、横の矢印をクリックしてみてください。

私がカスタマイズしたのでちょっと残念な感じになっていますが(笑)、元となるテンプレはデザイナーが作成したものです。

見た目はもちろんのこと、ストーリー構成も考慮した流れになっています!

もちろん、テーマカラーの変更や、外部ファイルからデータを読み込んでグラフを作成することも可能です。

上記はプレゼン資料でしたが、これ以外にもセンスのあるポスターやアイキャッチだって作れちゃいます。

もちろん、これらはパーツごとに分解して、自由にカスタマイズできます。

なかなかのスグレモノです!

Canva Proの口コミなど評判

デメリットが思い当たらないCanvaですが、他の人の感想はどのようなものがあるのでしょうか?

ということで、Twitter上での反応を忖度なしで調べてみました。

う~ん、不満のある人がいない…。やはり大半の人が満足しているようです。

ただ、Canvaには大きな弱点もあります。

それは通信障害。

オンラインサービスなのでネット環境は必須ですが、障害が起きてサービス停止が長引くと大変なことになってしまいます。

そんな悲鳴に近いTweetもちらほら見受けられました。

こうした障害さえなければおそらく、パワポを抜いてしまった感があります。

実際、私が仕事で作るプレゼン資料はCanvaです。

スライドの再生方法も、手動再生、自動再生、プレゼンタービューなど一通り揃っています。

さらに、聴講者の注目をあつまるためのアクション(ドラムロールや紙吹雪)など、ちょっとした面白い仕掛けも用意されています。

近い将来、Canvaで資料を作成する時代が来るのかもしれませんね。

まとめ)Canva Proの料金と使い勝手

以上、Canva Proの料金と使い勝手について紹介しました。

Canva Proにするかどうか迷ったら、次の基準で判断してみてください。

Canvaがおすすめ!
Canva Proがおすすめ!
  • 凝った編集は必要ない人
  • 何が何でも無料で編集したい人
  • アイキャッチを作るのが好き人
  • SNSなどによく投稿する人
  • センスのあるポスターやチラシを作りたい人

そして、Canva Proの利用を決めたら、『年払い』にして少しお得に利用するのが一番オススメです。

Canva(無料プラン)Canva Pro(有料プラン)
無料1,500円/月(年払い12,000円)
※年払いだと1,000円/月換算

なにはともあれ、30日間の無料トライアルでCanva Proをお試しするのが一番です。

無料トライアル期間中に、素材・テンプレ・便利機能をガンガン使ってみましょう!

費用対効果を考えると、間違いなくお得感があります。

トライアル期間中の解約でも料金はかかりません

≫ Canva Pro 30日間無料トライアル

【こちらの記事もどうぞ!】

質問はコメントへ!お気軽に!

コメントはお気軽にどうぞ!

コメントする

CAPTCHA


目 次