Canvaのフレーム機能の使い方|画像の切り抜きでプロ級の見た目!

canvaのフレームの使い方
こんな人に向けて書きました
  • フレームの使い方がわからない
  • 画像を切り抜き・縁取りたい
  • フレームに文字入れしたい

フレーム機能を使って、思い出の一枚をおしゃれに編集したい!

Canvaにはフレームという機能があります。

これを使うと、写真などを切り抜いて、こなれた感じに編集することが可能です。

例えば↓のように、色んな形状のフレームで写真を切り抜きくことができちゃいます。

Canvaのフレーム機能の使い方|画像の切り抜き

本記事ではその使い方について、基本(画像の切り抜き)と応用(縁取り、フレームの文字入れ、グリッド)を説明します。

ちなみに…

なお、有料プランのCanva Proを使えば、7500万点のフレームや画像素材が使い放題です。費用対効果を考えれば、選択肢としてアリです。

この記事を書いた人

ヤットキプロフ

業界歴10年のWeb解析士GAIQ保有。

ガラケー時代からSNSに携わってます。

この記事を書いた人

ヤットキプロフ

業界歴10年のWeb解析士

GAIQ保有

ずっとSNSに携わってます。

目 次

Canvaのフレーム機能の使い方|画像の切り抜きでプロ並の見た目に!

Canvaでは、お手持ちの画像を、バリエーション豊富なフレームの形状(円や波など)に切り抜くことができます。

イメージとしてはこんな感じです。

Canvaのフレーム機能の使い方|画像の切り抜き

この図は分かりやすくするために、フレームの色を青色にしています。

しかし、フレームを白色にするとキャンバスと同じ色になって同化するので、犬の顔の部分が切り抜かれたように見えるというわけです。

そこでまず最初に説明するのは、切り抜くための元画像(上の例でいうと犬の画像)をどこから持ってくるか?ということです。

おそらく、Canvaの提供素材またはPC内の画像から持ってくるはずなので、まずはその方法を説明します。

Canvaの提供素材を使う

Canvaから素材を探すためには、左側のサイドメニューから【素材】という項目をクリックします。

その状態で検索窓にキーワードを入力して検索すれば、素材の候補が一覧となって表示されます。

Canvaのフレーム機能の使い方|画像の切り抜き

お好みのものをクリックすると、該当の素材がキャンバスに追加されます。

PC内の画像を使う

自分のパソコン内にある画像を切り抜きたい場合は、左側の黒いサイドメニューから【アップロード】という項目をクリックします。

すると、【メディアをアップロード】というボタンが表示されます。これを押すと、画像の場所を指定することができます。

Canvaのフレーム機能の使い方|画像の切り抜き

上の手順で場所を指定すると、キャンバス内にその画像が追加されます。

Canvaのフレーム機能の使い方|画像の切り抜き

以上でCanvaのフレーム機能を使う下準備ができました。

ではいよいよ、フレーム機能を使ったおしゃれ画像の切り抜きワザを説明していきます!

Canvaのフレーム機能で画像の切り抜き

今回は見やすいように、キャンバスの色を青色にしています。

ではさっそくやっていきましょう

  1. 左サイドバーから素材をクリック
  2. 検索窓に『フレーム』と入力して検索
  3. メニューの中から『フレーム』をクリック
Canvaのフレーム機能の使い方|画像の切り抜き
  1. 表示されているフレームから好きな形状を選択(今回は円形を選択しました)
Canvaのフレーム機能の使い方|画像の切り抜き
  1. キャンバスにフレームが追加されたことを確認
Canvaのフレーム機能の使い方|画像の切り抜き
  1. キャンバスの空いた場所に切り抜きたい素材や画像を追加
Canvaのフレーム機能の使い方|画像の切り抜き
  1. フレーム内に画像をドラッグアンドドロップで移動
Canvaのフレーム機能の使い方|画像の切り抜き
  1. 完成!
Canvaのフレーム機能の使い方|画像の切り抜き

フレーム内にある写真の位置を調整

これで画像の切り抜きは完成しましたが、対象物の位置がフレームの右側にズレていますね。

ということで、写真の位置を修正していきましょう。

  1. フレームをダブルクリック(画像全体が半透明で表示される)
Canvaのフレーム機能の使い方|画像の切り抜き
  1. グリッド線を参考に画像を移動(マウスの左クリックを押しっぱなしで移動)
Canvaのフレーム機能の使い方|画像の切り抜き
  1. 完成!
Canvaのフレーム機能の使い方|画像の切り抜き

さらに、キャンバス内の位置をフレームごと移動させたり、サイズを調整することもできます。

他の画像を追加したりして、このまま編集していくこともできます。

ちなみに、Youtubeでの説明動画がありました。ここまでのおさらいともいえる、分かりやすい内容です。

上記の方法が分かりにくいという方はご覧になってみてください。

フレームを取り替える(フレームの取り外し)

写真を切り抜いてみたけど、イメージと違った…

フレームで写真を切り抜いてみたけど、ちょっと違うかなと思ったら、新しいフレームに取り替えてみましょう。

たとえば、下のようなフレームで画像を切り抜いたとします。このフレームを外してみましょう。

Canvaのフレーム機能の使い方|画像の切り抜き
  1. 取り外したいフレームを右クリック
  2. 【画像を取り外す】を選択
Canvaのフレーム機能の使い方|画像の切り抜き
  1. 取り外しの完成!
Canvaのフレーム機能の使い方|画像の切り抜き

新しいフレームで切り抜くには、ここまでで説明した方法を再度行ってください。

続いて、フレームのさらなる便利ワザを説明していきます。

Canvaの縁取りとグリッドでさらにおしゃれに!

ここまではフレーム機能による画像の切り抜きを説明してきました。

実はこれ以外にも、画像の縁取りや文字入れでもフレーム機能は威力を発揮します。

また、グリッドと呼ばれる機能を使えば、こなれた感じのする演出が可能です。

  • 縁取り
  • 文字入れ
  • グリッド

そこで以下では、フレームの応用編ともいえるこれらの機能について説明します。

フレームで画像の縁取り

ここで説明する『縁取り』とは、写真の周囲に付ける飾りのことです。

写真にマッチした縁取りを適用すれば、全体がグッと引き締まりますよ!

それではやっていきましょう。

  1. フレームを選択
Canvaのフレーム機能の使い方|画像の切り抜き
  1. キャンバスの空いたスペースに画像を追加
Canvaのフレーム機能の使い方|画像の切り抜き
  1. フレーム内に画像をドラッグアンドドロップして移動
Canvaのフレーム機能の使い方|画像の切り抜き
  1. フレーム内への写真追加が完成!
Canvaのフレーム機能の使い方|画像の切り抜き
  1. フレームの位置やサイズを修正

フレームを付けると、思い出の写真がさらに素敵になりますね!

フレームに文字入れ

出来上がりの完成イメージは下のような感じです。

文字入れスペースのあるフレームを選んで、そこに文字入れしてみました。

Canvaのフレーム機能の使い方|画像の切り抜き

ではさっっそく、この様な写真になるよう、作業の進め方を説明していきます。

まず、フレームを選んでキャンバスに追加して、ここまでに説明した要領で写真をはめ込んでください。

Canvaのフレーム機能の使い方|画像の切り抜き

フレームに写真をはめ込んだら、下部のスペースに文字入れしていきます。

  1. 左サイドバーから【テキスト】をクリック
  2. 適当なフォントを選択(後でフォントを再調整します)
Canvaのフレーム機能の使い方|画像の切り抜き
  1. キャンバス内にフォントが表示されている状態で、画面左上のフォントをクリック
Canvaのフレーム機能の使い方|画像の切り抜き
  1. メニュー内からフォントを選択
Canvaのフレーム機能の使い方|画像の切り抜き
  1. 文字色、フォントサイズ、テキストボックスの位置を調整して完成!
Canvaのフレーム機能の使い方|画像の切り抜き

フレームやフォントの種類を変えてみると、もっと素敵な一枚に仕上がるかもしれません!

グリッドで複数画像をキレイ・おしゃれに配置

グリッドを使うと、大きさの異なる複数の画像をキレイに配置できます。

完成イメージはこんな感じです。

Canvaのフレーム機能の使い方|画像の切り抜き

もちろん、これ以外にも様々なタイプのグリッドが用意されています。

それではやっていきましょう!

  1. 左サイドバーから素材をクリック
  2. 検索窓に『グリッド』と入力して検索
  3. グリッドの形状を選択
Canvaのフレーム機能の使い方|画像の切り抜き
  1. グリッドがキャンバスに追加されたことを確認
Canvaのフレーム機能の使い方|画像の切り抜き
  1. 素材ボタンを押して、切り抜きたい画像素材を検索(今回は風景素材を選びました)
Canvaのフレーム機能の使い方|画像の切り抜き
  1. 素材をグリッド内にドラッグアンドドロップ
Canvaのフレーム機能の使い方|画像の切り抜き
  1. 6の手順をグリッドの数だけ繰り返せば完成!
Canvaのフレーム機能の使い方|画像の切り抜き

まとめ)Canvaのフレーム機能の使い方|画像の切り抜きで見た目アップ!

以上、『Canvaのフレーム機能の使い方』と題して、フレームを使った画像の切り抜き、縁取り(+文字入れ)、グリッドの使い方を説明しました。

素敵なフレームを見つけて、思い出の一枚を作ってみてください!

また、Canva Proなら、7500万点という桁違いの数の中からフレームや素材を選び放題です。

▼無料トライアル中に解約しても料金不要

≫ Canva Pro 30日間無料トライアル

費用対効果を考えると間違いなくお得感があるので、まずは30日間の無料トライアルで利用するのがオススメです。

それではまた、次の記事でお会いしましょう!

【こちらの記事もどうぞ!】

コメントはお気軽にどうぞ!

コメントする

CAPTCHA


目 次
閉じる