WordPressとTwitterの連携方法を説明【初心者歓迎】

本記事の内容:
ブログ投稿とTwitterとの連携方法(Jetpackを利用)

WordPressを始めたばかりの方は、アクセスを集めるために色々な対策を取られている方も多いと思います。

SEOはもちろんのこと、TwitterなどのSNSとの連携もその一つです。

ブログとTwitterの連携ってどうやるの?

そこで今回の記事では、Jetpackを利用したTwitterとの連携を画像を使いながら説明します。

なお、すでにJetpackのインストールとTwitterアカウントの作成が完了していることが前提です。

Twitterアカウントの作成についてはこちらをご覧ください。

それでは始めます!

目 次

まずはJetpackの設定から!

数あるTwitter連携プラグインがあるなかで、なぜJetpackを利用するのかというと手軽だからです。

多くの場合、Jetpackを利用していると思いますので、それを利用しない手はありません。わざわざ他のプラグインを使うまでもなく、既にインストールしているものを利用すれば手間はかかりません。

ということでまずはダッシュボードのJetpack>設定>共有を選択しましょう。

そして、『投稿をソーシャルネットワークに自動共有』をONにします。

すると次のような画面が表示されますので、右側にある『連携』ボタンを押してください。

なにやら英語の画面が現れますが、これはTwitterの認証画面です。赤枠の『Authorize app』ボタンを押しましょう。

連携させたいTwitterアカウントの選択画面が表示されます。私の場合は、2つのTwitterアカウントを持っているので、画面上には2つ表示されています。Twitterアカウントを選択したら『連携』ボタンを押しましょう。

上記で連携作業は完了です。上の画像で赤い『連携』ボタンを押すと下のような画面になります。『連携を解除』ボタンが表示されていればOKです。お疲れ様でした!

さて、次は実際の投稿画面での操作方法について説明します。

投稿時の利用方法

これまでの設定が完了すると、ブログに記事を投稿すると自動的にTwitterへも投稿されるようになります。Twitterへ自動投稿されると、こんな感じになります。

ちなみにデフォルトでは赤枠の箇所に記事タイトルが表示されますが、この内容は新規投稿時にカスタマイズすることができます。

新規投稿時、下の画面の赤枠内にある『カスタムメッセージ』に入力した内容が、上の画像の赤枠の箇所にに反映されます。

なお、『カスタムメッセージ』のOKボタンを押して投稿すると、それ以降、カスタムメッセージは修正することができないのでご注意ください。

以上がWordPressとTwitterの連携方法です。

そして、WordPressとTwitterの連携が終わったら、PCのセキュリティも万全にしておきましょう!

私も使っていますが、かなり軽いのでおススメです。

ホワイトハットSEOは効果が出るまで時間がかかりそうですが、Twitterを利用すればそれよりもずっと早くアクセスを集めることが出来そうですね。

誰からも見向きもされない私のブログもその恩恵にあやかりたいです。

なお、当サイトでは初心者によるWordPressの利用方法について解説しています。

よければ、こちらの記事もご覧ください。

【関連記事】

Twitterの登録方法

Twitterのログアウト

Twitterのブックマーク

Twitterの高度な検索方法

Twitterの基本的な使い方

Twitterのプロフィール内で改行する

ツイッターの別垢(サブ垢)の作り方

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメントはお気軽にどうぞ!

コメントする

CAPTCHA


目 次
閉じる