今や必須の子供用GPS|埋め込み型からキーホルダー型まで(ソラノメ、otta.gなど)

子供にgpsを埋め込みたいくらい心配?
こんな人に向けて書きました
  • 子どもの防犯を万全にしたい
  • 不審者情報のメールを見るたびに不安でたまらない

小学生年代は、不審者に遭遇するリスクが急激に高まります。

子どもの見守り対策、万全ですか?

あの子、大丈夫かな…。ちゃんと家に着いたかな…

私はジュニアサッカーのコーチを務めています。練習が終わるともう夕方です。

明るいうちに練習を終えるようにしていますが、少し暗くなると子供達が無事に帰宅できたか心配になります。

保護者ならなおさら、お子さんの帰りが少しでも遅くなると不安になりますよね。

そんなときは、子供の位置情報を知らせてくれるGPSサービスが心強い味方。

埋込み型からキーホルダー型まで、様々なデバイスがありますのでぜひご覧ください。

この記事を書いた人

ヤットキプロフ

業界歴10年のWeb解析士GAIQ保有。

ガラケー時代からSNSに携わってます。

この記事を書いた人

ヤットキプロフ

業界歴10年のWeb解析士

GAIQ保有

ずっとSNSに携わってます。

目 次

今や必須!子供に持たせるGPS|埋め込み型からキーホルダー型まで(ソラノメ、otta.gなど)

子供用GPSの使用法のうち、多くの保護者がインターネットで調べているのは持ち運び方法です。

『どこに付けるのか?』『子供用GPSを靴に埋め込みできる?』というキーワードで検索するパパさん・ママさんはたくさんいらっしゃいます。

そこで、子供用GPS端末を次の3つに分類してみました。

  • キーホルダー型
  • キッズ用スマホ
  • 埋め込み型

キーホルダー型

キーホルダー型が一番使いやすいかも!

今、最も普及しているのはキーホルダー型です。

キーホルダー型GPSデバイスなら選択肢はかなり広がりますね。

機能としては、次の2種類があります。

  1. 位置情報やアラートを保護者に発信できるもの
  2. 位置情報やSOS信号の受け取り・メッセージや音声をやり取りできるもの

それでは、代表的なサービスを見ていきましょう。

otta.g(オッタジー)|日本PTA全国協議会推薦のスマート防犯ブザー

『家族と会話できる防犯ブザー』というユニークな性質をもっているのがotta.g(オッタジー)です。

日本PTA全国協議会推薦のお墨付きなので、多くの学校で持ち込み可能となっています。

その特徴を一言でいうと、『スマート防犯ブザー』。

『スマート』というだけあって、ただ音が鳴るだけのブザーとは一線を画します。

たとえば通常の防犯ブザーでは、もしものときに大人が近くにいなければ、助けを期待できない可能性が…。

ここがotta.gの強みです

その一方otta.gは、SOSブザーを押すと高精度の位置情報や周囲の音声情報を自動で取得して、それを保護者のスマホに自動送信します。

出典:otta.g公式サイト

位置情報だけでなく、周囲の音声情報まで保護者に送信するのは画期的なアイデアです。

また、ボイスチャット機能も備えているので、録音した音声(最大10秒)を保護者と子供の間でやり取りすることが可能です。

パパさん・ママさんが仕事中でも、「ただいまー」「おかえりー」などの会話ができるのは嬉しいですね。万が一の災害発生時時などにかなり役立ちます。

さらに、本体に内蔵の温度センサーによる熱中症アラートも付いています。アラート通知を受け取った保護者は、ボイスメッセージを使って子どもに危険と対策を伝えるという使い方も可能です!

出典:otta.g公式サイト

声をやり取りできるので、安心感が違います。

子供の手のひらサイズなのでやや大きめですが、ランドセルにかけたり首からぶら下げる分には問題ありません。

単なる防犯ブザーとしてだけでなく、ボイスチャットでやり取りできるのはかなり魅力的ですね!

進化した防犯ブザー。GPSでの追跡や音声のやり取りもできる

≫ ottta.g ※日本PTA全国協議会推薦

soranome(ソラノメ)|位置情報やアラートを発信できる

キーホルダー型見守りGPSデバイスのうち、人気が高いのはsoranome(ソラノメ)です。

これがソラノメの特徴!

  1. 簡単操作でSOS通知
  2. 追加料金なしで何回でも位置検索できる(最大30日間の移動履歴も確認可能)
  3. ブラウザが無いのでゲームやネット閲覧の心配なし
  4. 設定エリアに入ったとき・出たときにプッシュ通知
  5. キーホルダー型なので学校への持ち込みOK

SOS通知はもちろんのこと、追加料金を気にせず月額基本料金539円(税込)で子供の位置情報を何度でも確認できるのはかなり嬉しいですね(回数制限もなし)。

出典:ソラノメ マニュアルページ

また、ソラノメでは、子どもがネット被害にあわないよう、インターネットを閲覧できないように作られています。

そのため『キッズ用スマホはまだ早いかも…』とお考えの方にも最適です。

さらに、設定したエリアに子供が出入りした時、アプリにプッシュ通知が届くのも安心できますね。

利用料金

本体価格14,520円(税込) 5/31までキャンペーン中:9,020円(税込)
月額利用料539円(税込)
初期事務手数料3,300円(税込)
解約方法マイページから可能(※年縛りなし)

本体仕様

サイズ51 m × 51 mm × 15 mm
重量39 g
電池持ち最大1週間
本体カラーホワイト(ブルー/ピンク/イエロー/グレーの全シリコンカバー付属)

でも、学校に持ち込めるかどうかが大きな壁…

現在、約9割の小中学校では携帯電話の持ち込みが制限されています。

その点、ソラノメはキーホルダー型です。学校への持ち込みに制限はありません(念のため、学校に確認しましょう)。

平べったいスクエア型なので、ランドセルの中に入れたりすることができます。

出典:soranome(ソラノメ)公式サイト

高精度・プッシュ通知・SOS通知など必要な機能を備えているので、今、注目の見守りGPSデバイスです。

学校に持ち込み可。ゲームやネット閲覧の心配なし

キッズ用スマホ|見守り・使いすぎ防止が充実したTONEモバイル

子供の見守り用スマホとして、もっとも充実した機能を備えているのはトーンモバイル です。

下の公式動画は、TONEモバイルの機能紹介として参考になります。

現在、多くの学校がスマホの持ち込みを禁止していますが、習い事の行き帰りに持たせるなら、スマホの機能を最大限に活用できます。

例えば塾・サッカー・水泳などの送り迎えや位置確認のために使えますし、なにより通話できるのは最大のメリットです。

でも、通信費がちょっとね…

という保護者の方もいると思います。

そんなときは、格安スマホ『トーンモバイル 』が強い味方になってくれます。基本プランの月額は1,100円(税込み)です。

他の格安スマホに比べて、TONEモバイルが子供向けスマホとして優れているのは、見守り機能が充実している点です。

その他にも、子供のネット被害にフォーカスした非常にユニークな機能も備えています。

GPSで居場所を見守り
居場所確認・乗り物通知・登録エリアへの到着通知・移動履歴
カメラによる自画撮り被害の防止
AIが裸などの不適切な写真撮影を自動ブロック。検知すると保護者へ通知。
利用時間制限・アプリ制限
アプリごとの利用可否や時間制限を30分単位で設定可能。アプリ・Webの利用状況も確認できる。

iPhoneよりもきめ細やかなペアレンタルコントロール(スマホの利用制限)が可能です。

見守り機能やネット被害防止機能に強い端末は、キッズスマホには最適といえるでしょう。

≫ はじめてにやさしい【トーンモバイル】

靴などへの埋め込み型(子供用GPSを靴につける)

靴に埋め込みできるGPS端末はないかな?

結論を言うと、子供用GPSを靴につけるといった、埋込み型GPS端末やそれに対応する靴は実用化できていません。

GPS端末というと、SF映画に出てくるような、指先に乗るくらいの極小チップをイメージしがちです。

しかし実際の端末サイズは、大きめのキーホルダーくらいです。現時点では、GPSを子供の靴につけて利用するのは難しいのかもしれません。

もちろん、認知症老人の徘徊対策としてならキーホルダーサイズの端末を靴に埋め込むことは可能ですし、そうしたサービスはALSOKなどでも提供されています。

ただ、動きの激しい子供となると話は別です。しかも子供の成長は早いので、靴のサイズがすぐに小さくなる事も考えられます。デザインの好みなんかもありますし…。

子供に対応できる埋込み型GPS端末やシューズまだ先の話と考えておいたほうが良いでしょう。

余談ですが…

海外に目を向けると、『Anccor Shoes』というGPS搭載の子供用シューズがありました。

ところが、メーカーのサイト自体が非公開になっていたので現在の開発状況は不明です。あまりうまくいっていないのかも…。

その他の見守りデバイス

上記以外にも様々な見守りデバイスが発売されています。

その多くがGPSを活用しており、ソフトバンクやミクシーなどが提供しています。

こうしたものも選択肢の一つとして考えておくのもいいかもしれません。

どこかなGPS|位置情報やアラートを発信できる

アプリを起動すると現在地が表示されます。

また、更新ボタンにより最新の位置情報を確認したり、定期的な位置情報を受け取ることも可能です。

自宅~登録エリアの出発・到着も検知できます(半径100m~1km、最大5か所まで設定可能)。

移動履歴(最大3日分保存)も閲覧できるので、通行危険エリアを通っていないかといったことも確認できます。

さらには、帰るコールやお迎えコールもボタン一発でOKです。

みてねみまもりGPS|位置情報の発信できる

GPSに搭載されたAIが、子供のよく行く場所を見守りスポットとして学習します。

そして、登録した場所や、AIが学習した場所への出入りを自動で検知して連絡するので、アプリで常に居場所を確認する必要がありません。

また、その日の歩数や移動履歴が残るので、子供の行動を確認することもできます。

今まで紹介してきたものに比べると機能の小ぶり感は否めませんが、本体価格と月額通信費は最もリーズナブルです。

見守りデバイスの使いみちは、子供の見守り以外にも

子どもが中学生になって大人の見守りが不要になったとしても、見守りデバイスの用途は幅広くあります。

たとえば、離れた場所に住むご両親の安全確認にも大きな威力を発揮します。

端末はシンプルなので、機械操作が苦手なおじいちゃんやおばあちゃんが困ったときもSOS発信が容易です。

また、キーホルダー型のGPS端末は成人男性の手のひらより一回り小さいので、盗難されやすい自転車や車にしのばせておくという使い方もできます。

さらには、ペットのワンちゃんや猫ちゃんの首輪に付けておけば、敷地外に飛び出してしまったときに役立ちます。

アイデア次第で様々な使い方が可能ですね。

まとめ)子供に持たせるGPS|埋め込み型からキーホルダー型まで(ソラノメ、otta.gなど)

以上、『子供に持たせるGPS|埋め込み型からキーホルダー型まで』と題して、保護者の皆さんの不安を解消するGPSサービスをご紹介しました。

子供に持たせるGPSキーホルダーなら、現在地情報を確認できるので安心して仕事することができます。

ご自身とお子さんの生活習慣に合わせたサービスを選んではいかがでしょうか。

▼ランドセルに付けるだけ!手軽で効果的

≫ GPS端末で見守る、soranome(ソラノメ)

▼日本PTA全国協議会推薦のスマート防犯ブザー

≫ ottta.g公式サイト

▼NTTグループによる新サービス

≫ 【goo of things いまここ】公式サイト

▼子どもの見守り機能・ネット被害防止機能が充実

それではまた、次の記事でお会いしましょう!

コメントはお気軽にどうぞ!

コメントする

CAPTCHA


目 次
閉じる