子供用GPSはもう常識!埋め込み型からキーホルダー型まで

子供にgpsを埋め込みたいくらい心配?
こんな人に向けて書きました
  • 子どもの防犯を万全にしたい
  • 不審者情報のメールを見るたびに不安になる
  • 安心して仕事や家事に取り組みたい

私はジュニアサッカーの監督をしています。

明るいうちに練習を終えるようにしていますが、少し暗くなると子供が無事に帰宅したか不安です。

保護者ならなおさら、子供の帰りが遅くなると心配になりますよね。

あの子、大丈夫かな…。ちゃんと着いたかな…

小学生年代になると、不審者に遭遇するリスクが急激に高まります。

そんなときは、位置情報を確認できる子供用GPSが心強い味方。

埋込み型からキーホルダー型まで様々です。

万が一に備えて防犯意識を高めにしておくのに越したことはありません。

子供の見守り対策、万全ですか?

\NTTグループだから安心の運用体制/

\安定して位置情報を特定/

  \日本PTA全国協議会の推薦/

\AIなど最新技術で見守るスマホ/

記事作成
ヤットキ(業界歴10年のWeb解析士GAIQ保有。ガラケー時代からSNSに従事)

目 次

子供用GPSはもう常識!埋め込み型からキーホルダー型まで

子供用GPSの使用法について、『どこに付けるのか?』『子供用GPSを靴に埋め込みできる?』というキーワードで検索するパパさん・ママさんはたくさんいらっしゃいます。

これらの悩みをクリアするGPS端末を子供に持たせれば、きっと次のような安心感を得られます。

  • 子供が事件・事故に巻き込まれることを防げる
  • 家事や仕事に安心して取り組める
  • 心配ごとが軽減されるので、精神的な余裕が生まれる

そこで、子供用GPS端末の特徴を次の3つに分類してみました。

  1. キーホルダー型
  2. キッズ用スマホ
  3. 埋め込み型

それでは順に見ていきましょう!

『そもそもGPSってどういう仕組み?』という方は、こちらの記事をどうぞ。

GPSの基本原理を数学的に考察しています。

キーホルダー型

キーホルダー型が一番使いやすいかも!

今、最も普及している子供用GPSはキーホルダー型です。

機能としては、主に次の3種類があります。

  • 位置情報やアラートを保護者に発信
  • 位置情報やSOS信号の受信
  • メッセージや音声のやり取り

それでは、代表的なサービスを見ていきましょう。

goo of things いまここ|NTTグループの新サービス

今話題となっているのは、NTTグループの新サービスである『goo of things いまここ』です。

専用スマホアプリと小型のGPS端末を連動させて、子どもの現在地をリアルタイムで把握できる仕組みになっています。

サービスを運営しているのはNTTレゾナント株式会社。

NTTグループのなかでもかなり大きな企業なので、セキュリティや運用体制などの安定感は抜群です。

実は私、過去に仕事でNTTレゾナントと付き合いがあったのですが、かなりしっかりしていた印象があります。さすがはNTTグループ!という感じがしました。

それを裏付けるかのように、神奈川県川崎市にあるカリタス小学校では「goo of things いまここ」を導入しています。

唯一難点なのは、利用するためにはgoo of thingsに登録しないといけないこと。

登録無料ではあるものの、ちょっとめんどくさいですよね…。

といっても、登録したIDとパスワードのおかげで、紛失してしまっても他人に操作されるおそれがないので、防犯上は仕方ないのかもしれません。

形状

出典:goo of things公式サイト
サイズ51 mm × 51 mm × 15 mm
重量39 g
電池持ち約10日間~14日間( 3分測位の場合 )
本体カラーホワイト(ブルー/ピンク/イエロー/グレー、シリコンカバー付属)

大きさは縦横が5cm・厚みが1.5cmなので、子供の手のひらに収まるコンパクト設計です。

これなら、カバンの中に入れておいたり手提げ袋にぶら下げておけますね。

プラン

本体価格3,280円(税込)※送料無料
月額利用料(アプリ利用料金)638円(税込)
解約方法0円(※最低利用期間の縛りなし)

料金は、この後でお伝えするsoranomeに比べると月額利用料は100円ほど高くなっています。

しかし、本体価格は『goo of things いまここ』のほうが約1万円ほど安いのが嬉しいポイント!

かなりリーズナブルなので、ちょっと目を疑ってしまいました…。ご自身でも上のリンクから確認してみてください。

なるほどー。で、肝心の機能はどうなの?

目玉機能を列挙すると、こんな感じです。

  • 現在地を確認できる
  • 行動履歴を確認できる
  • 目的地に到着したときの通知
  • 危険区域に出入りしたときの通知
  • 複数人(パパとママなど)で見守りできる
  • 緊急のプッシュ通知が簡単(キーホルダーの真ん中を長押し)

通話機能はありませんが、必要と思われる見守りGPS機能は一通り備わっています。

また、複数人(パパとママなど)で子供を見守りできる点はよく考えられた設計です。

出典:goo of things公式サイト

そして、あわててしまいがちな緊急時、キーホルダーの真ん中を押すだけの簡単操作でSOS通知できるのも優れた点と言えるでしょう。

そして気になるのが、通信エリア。

「goo of things いまここ」ではLTE CatM1という規格を採用しています。

この規格は、我々が使用しているスマホ回線を拡張したもの。

つまり、スマホの電波が通じるエリアなら概ね大丈夫です。

しかし、電波が一本立つかどうかといった不安定な地域での使用は控えたほうがいいでしょう。

機能的にも他のデバイスと遜色なく、料金も比較的割安で運営体制に安定感のある『goo of things いまここ』、なかなかイケてる気がします!

▼ NTTグループによる運用体制は安定・安心!

soranome(ソラノメ)|安定して位置情報を特定

キーホルダー型見守りGPSデバイスのなかでも人気があるのは、soranome(ソラノメ)です。

soranomeのGPS端末は、先ほどお伝えした『goo of things いまここ』と同じモデルなんです。

その理由は、両者のGPS端末の製造元が富士ソフト株式会社だから。大きな違いは料金にあります。

実は、『goo of things いまここ』よりも本体代金が1万円ほど割高となっています。ここがちょっと痛い点です。

サービス自体はいいものなだけに、本体代金の差が大きいのは残念なポイントです。

ソラノメの特徴
  1. 簡単操作でSOS通知
  2. 追加料金なしで何回でも位置検索できる(最大30日間の移動履歴も確認可能)
  3. ブラウザが無いのでゲームやネット閲覧の心配なし
  4. 設定エリアに入ったとき・出たときにプッシュ通知
  5. キーホルダー型なので学校への持ち込みOK

月額基本料金539円(税込)で、SOS通知はもちろんのこと、追加料金を気にせず子供の位置情報を何度でも確認できます。

回数制限もなし!

これはかなり嬉しいポイントですね。

出典:ソラノメ マニュアルページ

また、ソラノメは子どものネット被害が発生しないよう考慮されているので、インターネットを閲覧できないように作られています。

そのため、『キッズ用スマホはまだ早いかも…』とお考えの保護者の方にも最適です。

さらに、設定したエリアに子供が出入りした時、プッシュ通知がアプリに届きます。

出典:soranome(ソラノメ)公式サイト

形状

サイズ51 mm × 51 mm × 15 mm
重量39 g
電池持ち最大1週間
本体カラーホワイト(ブルー/ピンク/イエロー/グレーの全シリコンカバー付属)

大きさは縦横が5cm・厚みが1.5cmです。子供の手のひらにすっぽりと収まるコンパクト設計。

平べったいスクエア形状なので、ランドセルの中だけでなくキーホルダーとしても付けられます。

コンパクトながら、高精度位置情報・プッシュ通知・SOS通知など必要十分な機能を備えている優れものです。

プラン

本体価格14,520円(税込)  9,020円(税込) ※5,500円割引キャンペーン中
月額利用料539円(税込)
初期事務手数料3,300円(税込)
解約方法マイページから可能(※年縛りなし)

いまなら、通常端末代金14,520円(税込)に5,500円の割引が適用されます。

(このキャンペーンは2022年10月31日までの期間限定です)

でも、学校に持ち込めるかどうかが大きな壁…

現在、約9割の小中学校では携帯電話の持ち込みが制限されています。

その点、ソラノメはキーホルダータイプなので学校への持ち込みに制限はありません(念のため、学校に確認しましょう)。

埋め込み型ではありませんが、子供用GPSとしては使いやすいタイプと言えるでしょう。

今、注目されている見守りGPS端末です。

▼ ゲーム・ネットを使えないようにしているのはかなり良き!

otta.g(オッタジー)|日本PTA全国協議会推薦のスマート防犯ブザー

『家族と会話できる防犯ブザー』というユニークな性質をもっているのが、otta.g(オッタジー)です。

なんといっても、日本PTA全国協議会推薦のお墨付きをもらっているので、安心感があります。

形状

出典:株式会社アイ・オー・データ機器公式サイト 子供をGPSと声で見守る「otta.g」レビュー!防犯ブザーとマイクスピーカー付
サイズ直径約6cm × 厚さ3.5cmの円形
重量80 g
電池持ち最長1ヶ月
本体カラーイエロー

otta.gのデバイスは、握りやすい丸形です。

やや厚みがありますが(約3.5cm)、ランドセルなどにキーホルダーとしてぶら下げるのであれば、持ちやすさはそれほど気にする必要はないかもしれません。

プラン

本体価格12,980円(税込)
月額利用料(GPS見守りプラン)748円(税込)
初回事務手数料3,300円(税込)

また、特徴を一言でいうと、『スマート防犯ブザー』。

『スマート』というだけあって、ただのブザーとは一線を画します。

たとえば通常の防犯ブザーでは、もしものときに大人が近くにいなければ、助けを期待できない可能性が…。

ここがotta.gの強みです

しかしotta.gは、SOSブザーを押すと高精度の位置情報や周囲の音声情報を自動で取得。

取得した情報は、保護者のスマホに自動送信されます。

出典:otta.g公式サイト

周囲の音声情報まで保護者に送信するのは画期的なアイデアです。

さらに、ボイスチャット機能も備えているので、録音した音声(最大10秒)を保護者と子供の間でやり取りできます。

声をやり取りできるので、安心感が違います。

しかし、音質はそこまで良くありません。

スマホやLINEのような通話品質を期待するのはやめたほうがよいでしょう。

とはいえ、「今どこにいるの?」「大丈夫?」などの音声のやり取りできれば災害発生時などにかなり役立ちます。

また、「ただいまー」「おかえりー」などのやりとりができれば、お仕事をもうひと頑張りできそうですね。

そしてボイスメッセージ以外にもユニークな機能があります。

それは、熱中症アラートです。本体に内蔵の温度センサーによって検知します。

アラート通知を受け取った保護者は、ボイスメッセージを使って子どもに注意を促すといった使い方も可能です!

出典:otta.g公式サイト

子供の手のひらサイズなのでやや大きめですが、ランドセルにかけたり首からぶら下げる分には問題ありません。

単なる防犯ブザーとしてだけでなく、ボイスチャットでやり取りできるのはかなり魅力的ですね!

▼ GPSや音声のやり取りもできる防犯ブザーは画期的

公式 日本PTA全国協議会推薦 otta.g(オッタジー) ≫

キッズ用スマホ|見守り・使いすぎ防止が充実したTONEモバイル

子供の見守り用スマホとして、もっとも充実した機能を備えているのはトーンモバイル です。

下の公式動画は、TONEモバイルの機能紹介として参考になります。

現在、多くの学校がスマホの持ち込みを禁止しています。

しかし、習い事の行き帰りに持たせるなら、スマホの機能を最大限に活用できます。

例えば塾・サッカー・水泳などの送り迎えに使えますね。なにより通話できるのは最大のメリットです。

でも、通信費がちょっとね…

という保護者の方もいると思います。

そんなときは、格安スマホ『トーンモバイル 』が強い味方になってくれます。基本プランの月額は1,100円(税込み)です。

他の格安スマホに比べて、TONEモバイルが子供向けスマホとして優れているのは、見守り機能が充実している点です。

その他にも、子供のネット被害に着目したユニークな機能も備えています。

GPSで居場所を見守り
居場所確認・乗り物通知・登録エリアへの到着通知・移動履歴
カメラによる自画撮り被害の防止
AIが裸などの不適切な写真撮影を自動ブロック。検知すると保護者へ通知。
利用時間制限・アプリ制限
アプリごとの利用可否や時間制限を30分単位で設定可能。アプリ・Webの利用状況も確認できる。

iPhoneよりもきめ細やかなペアレンタルコントロール(スマホの利用制限)が可能です。

見守り機能やネット被害防止機能に強い端末なら、TONEモバイルは十分にアリです。

▼ 子供用・見守りに特化したスマホのパイオニアです!

≫ はじめてにやさしい【トーンモバイル】 公式

その3.靴などへの埋め込み型(子供用GPSを靴につける)

靴に埋め込みできるGPS端末はないかな?

結論を言うと、子供用GPSとして埋込み型デバイスやそれに対応する靴は実用化されていません。

GPS端末というと、SF映画に出てくるような指先に乗るくらいの極小チップをイメージしがちです。

しかし実際の端末サイズは、大きめのキーホルダーくらいです。

現時点では、運動量が多くてサイズアップの激しい子供の靴にGPSをつけるのは難しいのかもしれません。

動きが激しいので靴自体が傷みやすいうえに、デザインの好みもありますし…。

もちろん、認知症老人の徘徊対策としてならキーホルダーサイズの端末を靴に埋め込むことは可能です。

実際に、そうしたサービスはALSOKなどでも提供されています。

しかし、子供に対応できる埋込み型のGPS端末やシューズまだ先の話と考えておいたほうが良いでしょう。

余談ですが…

海外に目を向けると、『Anccor Shoes』というGPS搭載の子供用シューズがありました。

ところが、メーカーのサイト自体が非公開になっていたので現在の開発状況は不明です。あまりうまくいっていないのかも…。

その他の見守りデバイス

上記以外にも様々な見守りデバイスが発売されています。

その多くがGPSを活用しており、ソフトバンクやミクシーなどが提供しています。

こうしたものも選択肢の一つとして考えておくのもいいかもしれません。

どこかなGPS|位置情報やアラートを発信できる

アプリを起動すると現在地が表示されます。

また、更新ボタンにより最新の位置情報を確認したり、定期的な位置情報を受け取ることも可能です。

自宅~登録エリアの出発・到着も検知できます(半径100m~1km、最大5か所まで設定可能)。

移動履歴(最大3日分保存)も閲覧できるので、通行危険エリアを通っていないかといったことも確認できます。

さらには、帰るコールやお迎えコールもボタン一発でOKです。

みてねみまもりGPS|位置情報の発信できる

GPSに搭載されたAIが、子供のよく行く場所を見守りスポットとして学習します。

そして、登録した場所や、AIが学習した場所への出入りを自動で検知して連絡するので、アプリで常に居場所を確認する必要がありません。

また、その日の歩数や移動履歴が残るので、子供の行動を確認することもできます。

今まで紹介してきたものに比べると機能の小ぶり感は否めませんが、本体価格と月額通信費は最もリーズナブルです。

使いみちは、子供の見守り以外にも…

子どもが中学生になって大人の見守りが不要になったとしても、見守りデバイスの用途は幅広くあります。

たとえば、離れた場所に住むご両親の安全確認にも大きな威力を発揮します。

端末はシンプルなので、機械操作が苦手なおじいちゃんやおばあちゃんが困ったときもSOS発信が容易です。

また、盗難されやすい自転車や車にしのばせておくという使い方もできます。

さらには、ペットのワンちゃんや猫ちゃんの首輪に付けておけば、敷地外に飛び出してしまったときに役立ちます。

まとめ)子供用GPSはもう常識!埋め込み型やキーホルダー型で見守り

以上、『今や必須の子供用GPS|埋め込み型やキーホルダー型で見守り』と題して、保護者の皆さんの不安を解消するGPSサービスをご紹介しました。

簡単にまとめると次のとおりです。

サービス名月額利用料
soranome539円(税込)
goo of things いまここ638円(税込)
otta.g748円(税込) ※GPS見守りプラン
TONEモバイル1,100円(税込) ※基本料金

どれも月額500~1,100円ほど必要ですが、子供の安全と親の安心が得られるのは何にも勝るメリットです。

居場所がわかるだけで、安心感がぜんぜん違いますよ。

検討してみる価値は十分にあるのではないでしょうか。

\NTTグループだから安心の運営/

\安定して位置情報を特定/

\日本PTA全国協議会推薦/

\見守り機能・ネット被害防止機能が充実/

万が一のことが起こってからでは遅すぎます。

現在地情報を確認できるGPSキーホルダーがあれば、安心して家事や仕事に専念できますよ。

質問はコメントへ!お気軽に!

コメントはお気軽にどうぞ!

コメントする

CAPTCHA


目 次