Wi-Fi不要!高齢者の見守りカメラ|ネット環境なしでもOKなのはこれ

高齢者の見守りをネット環境なしで実現
こんな人に向けて書きました
  • 離れて暮らす親のことが心配
  • トラブルが起きてもすぐに駆けつけられない

離れて暮らす親をそばで見守れないのはとても不安です。

さらに、ネット環境なしの高齢者世帯は年々増加しています。

トラブルが起きたとき、連絡手段が電話だけでは心細くありませんか?

実家のお母さん、一人きりで大丈夫かな…

そこで本記事では、ネット環境なしでもOKな高齢者の見守りカメラや、人によるサービスを挙げてみました。

ネット環境なし・Wi-Fi不要でもOKというのはかなり手軽です。

しかも異常を検知して見守る側に通知してくれるので、安心して仕事や家事に専念できますよ。

   \インターネット不要のカメラ/

   \NTTグループによる安心の運用/

    \GPSで安定した位置情報を通知/

   \24時間365日のセキュリティー/

また本記事では、Wi-Fi不要・ネット環境なしでも使えるGPS端末も紹介しています。

『GPSってどういう仕組みなの?』という方は、こちらの記事もどうぞ。

GPSの基本原理を図解と方程式で説明しています。

記事作成
ヤットキ(業界歴10年のWeb解析士GAIQ保有。ガラケー時代からSNSに従事)

目 次

Wi-Fi不要な高齢者の見守りカメラ|ネット環境なしでもOKなのはこれ!

高齢者の見守りカメラを導入する際、検討の必要なことが色々とあります。

多くの方が考える不安材料には次のようなものがあります。

  1. インターネットが使えない環境(またはPC操作に不慣れ)
  2. カメラ性能
  3. 通話機能
  4. 設置方法
  5. スマホへの通知

以下では、それぞれの特徴ついて説明していきます。

その1:インターネット環境なし(Wi-Fi不要・PC操作に不慣れ)

父も母もネットを使えないから…

一般的な見守りカメラでは、Wi-Fiルーターからインターネットを経由して通信を行います。

しかし、インターネット環境がであったとしても、Wi-Fiが不通になることはけっこうあります。

若い世代でも復旧に手こずるくらいなので、インターネットに疎い高齢者の場合はまさにお手上げ状態。

そこでおすすめなのは、ネット環境なし・Wi-Fi不要で利用できる見守りカメラ。

SIMカード経由で通信するので、ネット環境なし・Wi-Fi不要でのやり取りが可能になります。

つまり、SIMカード内蔵の機器であれば、ネット環境がなくても見守る側との通信できるというわけです。

設置工事なしで見守りカメラをすぐに利用できるのは、大きなメリットと言えます。

その2:カメラ性能

画角はなるべく広いほうがいい!

カメラで気になるのは首振り機能の有無です。

少し歩いただけでフレームアウトしてしまっては意味がありませんね。

リビングに設置する場合は、少なくとも水平に180°くらいはモニタリングできるものがいいでしょう。

さらに、表情や動作などの異変を察知するには3倍くらいのズーム機能があれば安心です。

また、『いかにも監視カメラ』というデザインでは、見守られる側もストレスを感じます。

できれば、白色やパステルカラーのものか、周囲の背景に同化するものがいいでしょう。

その3:通話機能

いざという時に会話できるのがイイ!

スピーカーとマイク内蔵のカメラなら会話できるので、何かあった時にすぐに声をかけられます。

それだけでなく、地震などの災害時はすぐに避難を指示することができますし、何か異変を察知したら声がけできますね。

いざという時に役立つ機能です!

その4:設置方法

やっぱり、設置方法はシンプルじゃないと!

意外に見落としがちなので、設置方法の手軽さです。

ネット回線の工事が必要な場合、工事待ちで数週間も待たされたりするケースが頻発しています。

また、回線の不具合は素人ではどうすることも出来ません。

そういう意味では、工事不要・コンセントに差すだけでOKというのが理想的です。

その5:スマホへの通知

スマホへの通知は必須!

これは言わずもがなですね!

何かあったときプッシュ通知が届く機能は絶対に必要です。そうでなければ見守りカメラの存在意義が半減します。

そのためにはやはり、ネット環境なしで通信できるSIM内蔵カメラは必須といえるでしょう。

高齢者の見守りカメラ|ネット環境なし・Wi-Fi不要で使えるのはこれ!

以下では、ネット環境なし・Wi-Fi不要で利用できる高齢者の見守りカメラをお伝えします。

なかでも、『みまもりCUBE』は、先ほどの1~5の懸念事項を全てクリアしています。

工事不要の見守りカメラはまだ限られているので、『みまもりCUBE』は第一候補といえるでしょう!

みまもりCUBE

ネット環境なし(Wi-Fiも不要)で使用できる見守りカメラとしてもっとも有名なのが『みまもりCUBE』です。

設置にはインターネットなどの工事が不要なので、コンセントに差し込むだけですぐに使えます。

その理由は、SIM搭載のみまもりCUBE本体が直接通信を行うからです(スマホと同じ仕組み)。

sikumi

インターネット回線の契約や取付け工事が不要なので、かなり気が楽になります!

見守る側のスマホ設定は必要ですが、それほど難しいものではありません。

まずは、みまもりCUBE お試しキャンペーンで、実際の使用感を試してから考えればOKです。

『思ってたものと違うかも…』という場合はキャンセルできますよ。

もちろん、キャンセル料金は発生しません。なにげに嬉しいポイントですね。

▼ お試しキャンペーンで使ってみてから考えればOK

そして、みまもりCUBEには映像以外にも簡易的な双方向の会話・集音機能・録画機能など、必要な機能も装備。

モザイク設定もできるので、プライバシーに配慮した仕様です。

さらに、オプションでリアルタイム検知機能を付けることが可能。

たとえば、あらかじめ設定した動き(部屋の出入りやベッドからの離床など)を検出すると、画像付きメールの通知を受け取れます。

ただ、上の動画などのように天井に設置すると、見守られる側はストレスを感じるかもしれません。

そんなときは、みまもりCUBEの白くてかわいらしいデザインを活かしましょう。

たとえば、テレビ台の隅、戸棚や観葉植物の陰など、目線よりも低い位置の目立たない場所にさりげなく設置するのが自然でよいかもしれませんね。

≫ インターネット不要のみまもりカメラ みまもりCUBE公式

プラネックス防犯カメラ

SIMカードを内蔵していて、高速通信回線LTEに対応しているので、Wi-Fi不要で利用できます。

ちなみに、SIMには格安SIMを使う方もいらっしゃるようです。

≫ プラネックス防犯カメラの口コミ

また、超広角パノラマ映像が撮影できるので、死角の少ない見守りが可能です。

マイクとスピーカーも内蔵しているので、音声の確認や声掛けもできます。ただし、バッテリー切れには十分注意しましょう!

なお、有線LANによる接続にも対応しています。

人気製品のため、気付くとすぐに品切れになるので要注意です!

≫ プラネックス 防犯カメラ LTE対応モデル180 CS-QS51-LTE

高齢者用見守りカメラ以外の選択肢は?

ネット環境なしで利用できる見守りカメラというのは、それほど多くはありません。

『いまいち、シックリこない…』という場合は、カメラ以外のGPSデバイスも検討してみましょう。選択肢がグッと広がりますよ!

電車で1~2時間の距離なら、キーホルダー型も使いやすい

カメラの導入に敷居の高さを感じる方もいると思います。

そこで、小学生の見守りとして利用されているキーホルダー型なら、選択肢はかなり広がるはずです。

活発に動き回る子供の位置情報を確認できるくらいなので、高齢者の徘徊対策にも効果的!

機能としては概ね、次の2種類があります。

  1. 位置情報やアラートを保護者に発信できるもの
  2. 位置情報やSOS信号の受け取り・メッセージや音声をやり取りできるもの

たとえば、キーホルダー型見守りGPSで注目なのは、NTTグループの新サービスであるgoo of things いまここです。

goo of things いまここ|NTTグループの新サービス

専用スマホアプリと小型のGPS端末を連動させて、高齢者の現在地をリアルタイムで把握できます。

サービスを運営しているのはNTTレゾナント株式会社。

NTTグループのなかでもかなり大きな企業なので、セキュリティや運用体制などの安定感は抜群です。

実は私、WEB業界で長く働いていました。そのときNTTレゾナントと付き合いがあり、先方の担当者の方はかなりしっかりしていたことを今でも覚えています。

さすがはNTTグループ!という感じがしました。

それを裏付けるかのように、神奈川県川崎市にあるカリタス小学校では「goo of things いまここ」を導入しています。

唯一難点なのは、利用するためにはgoo of thingsに登録しないといけないこと。

登録無料ではあるものの、ちょっとめんどくさいですよね…。

といっても、登録したIDとパスワードのおかげで、紛失してしまっても他人に操作されるおそれがないので、防犯のことを考えると仕方ないのかもしれません。

形状

出典:goo of things公式サイト
サイズ51 mm × 51 mm × 15 mm
重量39 g
電池持ち約10日間~14日間( 3分測位の場合 )
本体カラーホワイト(ブルー/ピンク/イエロー/グレー、シリコンカバー付属)

大きさは縦横が5cm・厚みが1.5cmなので、子供の手のひらに収まるコンパクト設計です。

これなら、カバンの中に入れておいたり手提げ袋にぶら下げておけますね。

プラン

本体価格3,280円(税込)※送料無料
月額利用料(アプリ利用料金)638円(税込)
解約方法0円(※最低利用期間の縛りなし)

料金は、この後でお伝えするsoranomeに比べると月額利用料は100円ほど高くなっています。

しかし、本体価格は『goo of things いまここ』のほうが約1万円ほど安いのが嬉しいポイント!

かなりリーズナブルなので、ちょっと目を疑ってしまいました…。ご自身でも上のリンクから確認してみてください。

なるほどー。で、肝心の機能はどうなの?

目玉機能を列挙すると、こんな感じです。

  • 現在地を確認できる
  • 行動履歴を確認できる
  • 目的地に到着したときの通知
  • 危険区域に出入りしたときの通知
  • 複数人(パパとママなど)で見守りできる
  • 緊急のプッシュ通知が簡単(キーホルダーの真ん中を長押し)

通話機能はありませんが、必要と思われる見守りGPS機能は一通り備わっています。

また、複数人(パパとママなど)で子供を見守りできる点はよく考えられた設計です。

出典:goo of things公式サイト

そして、あわててしまいがちな緊急時、キーホルダーの真ん中を押すだけの簡単操作でSOS通知できるのも優れた点と言えるでしょう。

そして気になるのが、通信エリア。

「goo of things いまここ」ではLTE CatM1という規格を採用しています。

この規格は、我々が使用しているスマホ回線を拡張したもの。

つまり、スマホの電波が通じるエリアなら概ね大丈夫です。

しかし、電波が一本立つかどうかといった不安定な地域での使用は控えたほうがいいでしょう。

機能的にも他のデバイスと遜色なく、料金も比較的割安で運営体制に安定感のある『goo of things いまここ』、なかなかイケてる気がします!

▼ NTTグループによる運用体制は安定・安心!

soranome(ソラノメ)|位置情報やアラートを発信できる

soranomeの特徴は以下の点です。

  1. 簡単操作でSOS通知
  2. 追加料金なしで何回でも位置検索できる(最大30日間の移動履歴も確認可能)
  3. 設定エリアに入ったとき・出たときにプッシュ通知

実は、soranomeのGPS端末は、先ほどお伝えした『goo of things いまここ』と同じモデルなんです。

出典:soranome(ソラノメ)公式サイト

その理由は、両者のGPS端末の製造元が富士ソフト株式会社だから。しかし大きな違いは料金にあります。

goo of things いまここ』よりも本体代金が1万円ほど割高なのがちょっと痛い点です。

サービス自体はいいものなだけに、本体代金の差が大きいのは残念なポイントです。

とはいえ、それを補って余りあるメリットもあります。

それは、月額基本料金539円(税込)で追加料金を気にせずに位置情報を何度でも確認できることです。

回数制限もないので、かなり優れたサービス内容といえます。

また、設定したエリアに出入りした時にプッシュ通知が届くのも目玉機能です。

≫ 安定した位置情報で見守る「soranome(ソラノメ)」公式

24時間365日、万全の見守りならホームセキュリティ会社

24時間365日、万全の対策ならホームセキュリティのALSOKがもっとも有名です

高齢者の見守りプランには、『ALSOKみまもりサポート』があります。

このサービスはカメラでの見守りではなく、何かあったときに自分でアラートを上げなければいけませんが、毎日の安否確認や熱中症の見守り、災害時の避難支援などの時には離れた家族にメールが届きます。

万が一のときはガードマンが駆けつけてくれるので、これほど心強いことはありません。

さらに、体調不良を感じたときはボタンを押すだけで、24時間、ALSOKヘルスケアセンターとつながるので安心感が違います。

オプションでは、首から下げて持ち歩ける無線式ペンダントなどが準備されています。

資料を請求すれば、初期費用0円などの最適プランを提案してくれるのが嬉しいポイントです。

たとえば、月額費用が安くなる長期利用の「お買い上げプラン」など、家族構成や希望のセキュリティレベルにマッチしたプランを提案してくれます。

まずは資料でプラン内容を確認してみるだけでも、心に余裕が生まれますよ。

▼ 24時間365日、人による見守りは安心できます。

≫ ALSOKみまもりサポート公式

まとめ)Wi-Fi不要な高齢者の見守りカメラ|ネット環境なしでもOKなのはこれ!

以上、『高齢者の見守りカメラ』と題して、ネット環境なし・Wi-Fi不要で使えるものをお伝えしました。

今は様々な見守りカメラが発表されていますが、その多くは本体とルーターをWi-Fiで接続して利用するタイプです。

しかし、本記事でお伝えしたタイプならネットに疎い実家の両親もすぐに利用できます。

まとめると次のようなサービスが有力です。

これからは、みまもりCUBEのようなネット環境なしで利用できるタイプが今後の主流となるはずです。

また、デバイスの選択肢を広げれば、soranome(ソラノメ)もかなり有力です。

万が一のトラブルが発生した時、すぐに対応してもらえるALSOKみまもりサポートは、最も安心できるサービスといえるでしょう。

離れて住む両親やご自身のライフスタイルに合わせて、最適なサービスを選びましょう!

\インターネットが要らないカメラ/

\NTTグループだから安心の運用体制/

\安定して位置情報を特定/

\24時間365日、万全のセキュリティー/

ちなみに、子どもの見守りGPSデバイスについては、こちらで説明しています。

子どもと高齢者の見守りは必須の時代です。

とくに、登下校中の子どもや離れて暮らす両親のこと、とても心配ですよね。

そんなときは、ITの力を利用しましょう!

質問はコメントへ!お気軽に!

コメントはお気軽にどうぞ!

コメントする

CAPTCHA


目 次