パソコン入力、づの打ち方ってどうやるの?『つ』+濁点の入力方法

パソコンで、づの打ち方
こんな人に向けて書きました
  • 離れて暮らす親のことが心配
  • トラブルが起きてもすぐに駆けつけられない

パソコンで『づ』を入力するとき、手が止まってしまう人は案外たくさんいます。

特にパソコン初心者の人に多いのではないでしょうか。

「つ」に点々をつけるのってどうやるんだろう…

最初に解答をお伝えすると、[D]キーを押した後に[U]キーを押せば『づ』と入力されます。

『づ』:[D]キーを押した後、[U]キーを押す

また、カタカナで『ヅ』と入力する場合は、[D]キーを押した後に[U]キーを押して、さらに[F7]を押します。

本記事ではパソコンによる、づの打ち方の他にも入力が難しそうな文字の入力についてお伝えします。

覚える必要はないので、必要な時に本記事を見返してください。

記事作成:ヤットキ
  • 大手通信企業の元SE
  • Web業界歴10年のWeb解析士
  • Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)
目 次

パソコン入力、づの打ち方ってどうやるの?『つ』+濁点の入力方法

冒頭でもお伝えしましたが、『づ』の打ち方は次のとおりです。

『づ』:[D]キーを押した後、[U]キーを押す

『づ』に代表されるように、だ行(だ/ぢ/づ/で/ど)の入力が苦手な人は多いかもしれません。

そんなときは、[D]+[A]/[I]/[U]/[E]/[O]とイメージしておいてください。

[D]+[A]
[D]+[I]
[D]+[U]
[D]+[E]
[D]+[O]

以上で『づ』の打ち方がわかったと思いますが、その他にも知っておくと便利な入力方法があります。

それが母音に濁音を付ける方法です。以下ではその内容をお伝えします。

母音(あ/い/う/え/お)に濁点を付ける入力方法

上記のような『づ』の他にも、よく考えるとどうやって入力するのか不思議な文字があります。

その代表的なものは、『あ゛い゛う゛え゛お゛』の母音(あ/い/う/え/お)+濁点の入力です。

あまり使用頻度は高くありませんが、知っておくと便利な文字です。

たとえば、こんな吹き出しなんかに使えます。

あ゛ぁ゛ぁ゛~、データが消えたぁ~!

『あ゛』を使うと、絶望感がリアルに伝わりますよね。

一見するとどうやって入力すればいいのかわかりませんが、タネが分かると簡単です。

まず『あ』と入力してください。そして、『あ』の右隣にカーソルを移動させます。

この状態で『だくてん』と入力し、スペースキーを使って下図のように変換してください。

これで『あ゛』の完成です!

『い゛』『う゛』『え゛』『お゛』についても同様の方法で入力できます。

小さな文字を入力する方法

意外によく使うのが小さな文字です。

たとえば、『ぁ』『ぃ』『ぅ』『ぇ』『ぉ』などがあります。

下のような吹き出しで使うと、驚きや感動している感じをうまく表現できますね。

おぉぉ、株価が上がったぁ!ぃやっほぉぉ!

この入力方法は簡単です。

[X]キーを最初に押すか、[L]キーを最初に押して文字入力すればOKです。

[X]+[A]または[L]+[A]
[X]+[I]または[L]+[I]
[X]+[U]または[L]+[U]
[X]+[E]または[L]+[E]
[X]+[O]または[L]+[O]

【要点を1分で!】
パソコン入力、づの打ち方ってどうやるの?

以上、わかりにくいパソコン入力のなかでも特に、『づ』の入力方法をお伝えしました。

難しそうに見えますが、やり方がわかればなんてことはありません。

『づ』の入力方法

[D]+[A]
[D]+[I]
[D]+[U]
[D]+[E]
[D]+[O]

母音に濁点をつける方法

小さな文字を入力する方法

[X]+[A]または[L]+[A]
[X]+[I]または[L]+[I]
[X]+[U]または[L]+[U]
[X]+[E]または[L]+[E]
[X]+[O]または[L]+[O]

ぜひお試しください。

それではまた、次の記事でお会いしましょう!

質問はコメントへ!お気軽に!

コメントはお気軽にどうぞ!

コメントする

CAPTCHA


目 次