ドコモから楽天モバイルへの乗り換え方法。失敗しない手順をどこよりも詳しく説明。

『キャリアのスマホ料金は高い!』

周りの友人が続々と格安スマホに乗り換えているのを見て、私も遂に決断しました。

俺も格安スマホにする!

 

格安SIMは色々ありますが、初期費用がもっとも安い楽天モバイルに決めました。

それ以外にもこんなメリットがあります。

  •   楽天回線エリアならデータ通信が一年間無料で使い放題【300万名対象】
  •   契約縛り期間なし、契約解除料なし
  •   国内通話かけ放題
  •   楽天市場の買い物でもらえるポイントが+1倍

詳細な内容はこちらからでも確認できます。 » 楽天モバイル

そこで今回は、私が実際に行った格安simへの乗り換え体験記を作成してみました。

実際の手順を日本一(自称)わかりやすく説明します!

ドコモから楽天モバイルに乗り換える手順の概要。

ドコモから楽天モバイルへの乗り換えを例にとって説明します。

ザックリと概要をお話しすると、次の手順になります。

  •  1.ドコモでMNP予約番号を発行
  •  2.楽天モバイルでSIMカードを発行

これだけです。1時間半もあれば全工程が終わるので、午前中で完了です。

この後、詳しく説明します。

格安スマホに乗り換えるということ

まず最初に、『格安スマホに乗り換える』という意味を簡単に説明します。

スマホで電話やデータ通信を行うためにはSIMカードという小さな部品が必要です。

この部品には契約者の識別番号や電話番号などの情報が記録されていて、通信会社(ドコモ、au、Softbank、楽天モバイル、Y!モバイル、UQモバイルなど)ごとに発行します。

誤解を恐れずに言うと、ドコモから楽天モバイルに乗り換えるということは、ドコモのSIMカードから楽天モバイルのSIMカードに変更するということとほぼ同じ意味なんです。

したがって、以降の手順は、SIMカードの変更手順だと思ってご覧ください。

ドコモから楽天モバイルに乗り換え。失敗しないための確認事項と全体の流れ

まず、最重要事項を確認

一番最初に確認しておくべき大切なポイントがあります。

それは、これから使おうとしている端末が、転出先(今回の場合は楽天モバイル)のSIMカードに対応しているかどうかです。

細かく言うと、端末と転出先通信会社との対応周波数帯(BAND)がマッチしているかどうかですが、今はその話を置いておきます。

とりあえず、転出先のSIMカードが、これから使おうとしているスマホに対応しているかどうか、通信会社のホームページやショップなどで確認しましょう!

全体の流れ

スマホが転出先のSIMカードに対応していることを確認出来たら、いよいよ以降の手続きに移りましょう。

今回はドコモから楽天モバイルへの乗り換えを例にして、具体的な手順を説明します。

※他の大手キャリア(au・ソフトバンク)→格安SIM事業者(楽天モバイル・UQ・Y!モバイルなど)への乗り換えでも同じ。

ドコモから楽天モバイルへの乗り換え手順
  • 手順1
    SIMフリー端末の用意
    SIMロック解除済端末の準備
  • 手順2
    MNP予約番号の発行
    ドコモショップでMNP予約番号の発行
  • 手順3
    楽天モバイルと契約
    発行してもらったMNP予約番号を使って楽天モバイルと契約
  • 手順4
    SIMフリー端末の設定
    楽天モバイルのSIMカードをSIMフリー端末に挿入

各手順の説明

手順1:SIMフリー端末の準備

新しいスマホとして、ソフトバンクショップで購入したSIMロック解除済のPixel4aを用意しました。

実は、最新機種を使うのは今回が初めてです 😛

 

手順2:ドコモショップでMNP予約番号の発行

・身分証明書
・ネットワーク暗証番号
・(念のため)キャッシュカードかクレジットカード

まず最初に、MNP予約番号を発行してもらうよう、ドコモショップに予約を入れます。

当日が来たらショップに向かいましょう。手続きは30分くらいで完了します。

更新月以外で本手続きを行う場合、解約金が必要です。次回携帯料金に含めて請求されます。

そして、解約金の支払い手続きなどが終わったら『MNP予約番号』というものを発行してくれるので、転出先のショップへGO!

なお、ここで大事な注意点があります。それは、MNP予約番号には有効期間があるということです。

MNP予約番号の有効期間は携帯会社によって定められており、ドコモの場合は15日間です。

さらに、転出先での契約には『MNP予約番号の有効期間が~日以上残っていること』などの制約があります。なるべく、MNP予約番号の発行当日に転出先のショップに行ったほうがよいでしょう。

MNPとは?

昔はSIMカードを変えると電話番号も代わりましたが、最近では以前の番号を引き継げるようになりました。

それが携帯電話番号ポータビリティー(MNPMobile Number Portability) です。

このMNPは転出元が発行することになっているので、今回の場合、転出元であるドコモにMNP予約番号を発行してもらったというわけです。

 

ここで疑問に思われる方がいるかもしれません。

 ドコモの解約手続きはしなくていいの? 

結論を言うと、ドコモショップでの解約手続きは必要ありません

MNP予約番号や解約料金の手続きなどが終われば、もうドコモショップに行く必要はないんです。

というのも、転出元(ドコモ)の解約は、転出先(楽天モバイル)との契約が完了した時点で成立するからです。

つまり、楽天モバイルショップでの契約が完了した瞬間、ドコモの解約が自動的に成立するので、ドコモショップでの解約手続は不要なんです。

ややこしいような便利なような、ちょっと不思議な感じがしますね。

それでは次に、転出先となる楽天モバイルに行きましょう!

なお、お近くに楽天モバイルのショップがなかったり、忙しくて行く時間がない!という方には、ネットからの申し込みが便利です。 » 楽天モバイル

分かりやすい内容なので操作に困ることはありません。

ネットで申し込んだ場合、SIMカードは郵送されてきます。

e-SIMにした場合はネットからスマホにダウンロードするようなので、対応機種をお持ちの方はこちらの方が便利ですね。

 

手順3:MNP予約番号を使って楽天モバイルと契約

・身分証明書
・MNP予約番号
・(楽天モバイルの場合)楽天会員のIDとパスワード
・(念のため)キャッシュカードかクレジットカード

ここまで来たら、後は簡単。

転出元が発行したMNP予約番号を渡して、楽天モバイルのSIMカードを発行してもらいましょう。手続きは大体、1時間くらいあれば大丈夫です。

なお、楽天モバイルを契約するには、予め楽天会員になっておかなければいけません。契約の際は楽天会員のIDとパスワードを控えておきましょう。

また、SIMカードの発行には事務手数料がかかります。楽天モバイルの場合も同様ですが、その分、楽天ポイントが付与されます。実質無料、というやつですね。

その後はショップが事務手続きを進めてくれるのでそれに沿っていけばOK。

『手順2』でもお話ししたように、楽天モバイルでの事務手続きが完了した時点で、転出元と解約が成立します。

これで、ドコモから楽天モバイルに乗り換えるための必要な手続きは全て完了しました。

SIMカードを受け取り、自宅で新しいスマホの接続設定を行いましょう!

 

手順4

ここまでお疲れさまでした。あとは新しいスマホの設定を行いましょう。

私の場合、新しく準備したのはSIMフリーのPixel 4aです。

このPixel 4aはSIMカードを挿入するだけで必要な設定を自動的に行ってくれます。

さらに、端末に付属の接続ケーブルを旧Android端末に繋ぐだけで、データ移行までやってくれる優れものです。

ちょっと感動してしまいました!

ただ、電話帳には抜けもれがあったので、そこは要注意ですね。

ドコモから楽天モバイルに乗り換えるための失敗しない手順:まとめ

以上、ドコモから楽天モバイルに乗り換えるための手順を説明しました。

最初は複雑そうに思えましたが、実際にやってみると結構、簡単ですね。

ポイントは以下の2点です。

  •  ドコモでMNP予約番号を発行
  •  楽天モバイルでSIMカードを発行

家電販店などには格安スマホのコーナーがありますが、そこでは上のような手続きをしてくれるというわけですね。

また、楽天モバイルはネット申し込みOKです。忙しい方にはショップよりもネットの方が便利です。 » 楽天回線エリアなら高速で完全データ使い放題

SIMフリー端末のお得情報

さて、なにかと便利でお得な格安SIMですが、一つ不満があります。

それは購入できるスマホの選択肢が少ないこと。

私も同じ不満を持っていました。そんな時に活用したいのがSIMフリー端末です。

楽天モバイル、UQモバイル、Y!モバイルなど格安SIMショップで用意されている端末はどれもパッとしませんでした。

なので私は、SIMロック解除済のPixel 4aを別途、購入したんです。

その際に、ソフトバンクショップでのお得な購入方法が分かりました。

この方法を使えば、SIMロック解除代金が無料端末代金も約50%OFFになります!

それについてはこちらの記事を参照してください。この内容はCMでも見かけないので、隠れお得キャンペーンかもしれません!

関連記事

本記事の内容: ソフトバンクショップでスマホをお得に購入する方法について説明します。 煽り気味のタイトルですが、購入方法によってスマホが最大半額になる可能性があります。 ちなみに、私が今回購入したのはGoogle Pixel 4a[…]

 

それではみなさん、また次の記事でお会いしましょう!

楽天モバイルは初期費用を安くしたい方には最適です。私はそれが決め手になりました。

  •  楽天回線エリアならデータ通信が一年間無料で使い放題【300万名対象】
  •  契約縛り期間なし、契約解除料なし
  •  国内通話かけ放題
  •  楽天市場の買い物でもらえるポイントが+1倍
最新情報をチェックしよう!