安いスマホプランを探せ!新料金プランの比較|おススメの狙い目キャリア

スマホの料金プラン、見直したい!
  • 各キャリアの格安プラン比較
  • 自分に最適なスマホプラン

そろそろスマホの料金プランを見直すかな…

ahamoやpovoなど、大手キャリアによる低価格な新料金プランが話題となりました。

そうなると、お得なプランが気になります。

結論から言うと、【楽天モバイル】と【LINEMO】が狙い目です。

その理由は、安くて分かりやすいから。
他のキャリアよりも利用者に寄り添ったプラン内容です。

私自身も楽天モバイルを利用しており、料金や機能面でのメリットを実感しています。

一年間無料キャンペーンでかなり得しました!

※現在は3ヶ月無料キャンペーンに変更となっています。

本記事ではそのあたりを詳しく説明しました。

あなたの利用状況に最適な新料金プランをこの記事で見つけてください!

\ 無料で国内通話かけ放題 /

\ ミニプラン 990円/月(税込) /


業界歴9年のWeb解析士GAIQ保有。

ガラケー時代からSNSに携わってます。

Twitterはこちら→ @yattoki_mashita

元販売員SHO監修のもと本記事を作成しました!

目 次

安いスマホプランを探せ!楽天モバイルのプランとは?

各キャリアの安いスマホプランを比較する前に、まずは楽天モバイルの場合を説明します。

楽天モバイルのプランは一つだけ。

その名も、【UN-LIMIT VI(アンリミット シックス)】です。

大きな特徴は次の二つです。

  1. 段階制の料金プラン
  2. 無料通話

ではそれぞれ説明していきます。

その1.段階制の料金プラン

楽天モバイルの【UN-LIMIT VI(アンリミット シックス)】では、データ量に応じた段階的な料金プランです。

安いスマホプラン
楽天モバイルの料金イメージ(税込)
0~1 GBまで0円/月
1~3 GBまで10,78 円/月
3~20 GBまで 2,178 円/月
20 GB超過分は一定金額3,278 円/月
楽天モバイルの料金テーブル(税込)

上のとおり、1 GBまでに抑えれば無料です!

そのため、モバイルルーターや自宅のWi-Fiに接続するなどして工夫すれば、ず~っと無料も十分可能です。

しかし、こんな人もいるかもしれません。

調べ物をすることが多いです 。

YouTubeをよく観ます!

こうしたケースだと、 データ利用量が20 GBを超えることも考えられますが、20 GBを超えたとしても利用料金は3,278円で一定です。

つまり、うっかり使いすぎて50 GBや100 GBになってしまっても3,278円です!

楽天モバイルは、こうしたシンプルかつリーズナブルなので、安心してスマホを使うことができます。

その2.無料通話

楽天モバイルを利用する最大のメリットは、無料通話です!

安いスマホプランには、この要素が欠かせません。

今までは『~分までは電話かけ放題:○○円』のように、基本料金とは別に通話料金が必要なケースがほとんどでした。

結局、 たいして安くなってないじゃん…

私も含めて、↑のように感じていた方も多かっったはずです。

しかし、楽天モバイルの場合、こうしたことがありません。

なぜなら、相手が他キャリアでも固定電話でも、時間無制限で通話無料のかけ放題だからです。もちろん別途料金もかかりません。

ただし、それにはある利用条件が必要です。

それは、【Rakuten Link】という専用アプリを使うことです。もちろん、ダウンロードや利用も全て無料です。

安いスマホプラン
Rakuten Link アプリ

LINE の無料通話と同じイメージです。

この点、LINEでの無料通話はお互いがLINEユーザーの必要がありますが、Rakuten Linkは相手が他キャリアでも固定電話でも大丈夫!

つまり、自分が電話するときはRakuten Link アプリから発信するだけOKです。

端末にデフォルトで入っている電話機能で発信すると、通常の電話料金が発生します。
必ず、Rakuten Linkアプリから発信しましょう。

それにしても、通話相手が他キャリアでも固定電話でもなぜ無料なのか、 Rakuten Linkアプリのビジネスモデルがとても不思議です。

まあ、ユーザーとして不利益はないので良しとします(笑)

\ 国内通話かけ放題 /

解約金(契約解除料)なし!

楽天モバイルと他社の比較

ここまで、楽天モバイルを紹介してきました。

ここからは、他キャリアの格安プラン(ahamo、povo、LINEMO)と比較していきます。

表にまとめてみましたので、ぜひご覧ください。

【データ通信量と料金の比較】楽天モバイル vs 他キャリア格安プラン

まずはデータ通信量に対する料金(税込)の比較表をご覧ください。

料金比較

ここから分かるのは、1GB超・3GB未満なら【LINEMO】、3GB超・20GB未満なら【楽天モバイル】が最安という点です。

特に、楽天モバイルはデータ通信量に応じた細かい料金が設定されています。
【使った分だけお支払い】というプランになっているで、不公平感の少ない臨機応変な料金体系です。

一方、ahamoとpovoではほとんど使わなかったとしても(1GB未満)、20GB分を利用したのと同じ料金が発生します。

ahamoとpovoでは、2,970円や2,728円が発生します。

それを考えると、データ通信をあまり使わない人や、月ごとの変動が大きな人には、【LINEMO】か【楽天モバイル】が最適です。

とくに、LINEMOのミニプラン月額990円(税込)は魅力的ですね。

\ ミニプラン 990円/月(税込) /

\ 1GBまで無料 /

解約金(契約解除料)なし!

ネットをよく使う人 (20GB以上)は要注意!

データ通信量が多い人(20GB以上)の場合、利用料金には十分注意してください。

というのは、ahamo、povo、LINEMOでは20GBを超過すると、そこから1GBを超えるたびに550円ずつ料金が上乗せされていくからです。

気づかないうちに使いすぎてしまうと、知らない間に料金が青天井でかさんでいきます。

請求書を見てみたら、とんでもない金額だったなんて事態は避けたいものです。恐い…

その点、 20GBをどれだけ超えても3,278円で一定料金の楽天モバイルなら安心して利用することができそうです。

したがって、データ通信が多め(20GB以上使う人)の人は楽天モバイルにした方がお得といえます。

ということで、データ通信量と料金を比較してみました。

次は、通話料金も比較してみましょう。

【通話料金の比較】楽天モバイル vs 他キャリア格安プラン

では、通話料金(税込)の比較表をご覧ください。

安いスマホプラン
通話料金比較

この表から分かるように、格安プランの場合は別途料金が発生します。

agamoは5分無料なのでお得な感じもしますが、基本料金が一番高い点がネックになっています。

また、LINEMOのミニプラン(3GBまでのプラン)は基本料金990円(税込)ですが、最安の通話オプションを付けると合計1,540円になってしまいます。

この点、楽天モバイルはRakuten Link利用という条件はあるものの、通話は全て無料です。

通話料金の比較では、楽天モバイルが群を抜いて優秀と言えます。

\ 国内通話かけ放題 /

解約金(契約解除料)なし!

楽天モバイルのデメリット

楽天モバイルのメリットばかりお伝えしてきましたが、もちろんデメリットもあります。

それは電波状況です。

楽天モバイルは2020年4月からサービス提供を開始しましたが、キャリアとしては新興勢力です。

docomoやauなどに比べると自社の基地局が少なく、ネットに繋がりにくいという状況が出てきます。

そのため、ビル等の屋内では電波が繋がりにくい場合もあります。

ちなみに東京都下にある自宅での電波状況はこんな感じでした。

安いスマホプラン
電波状況

日常生活において、このレベルなら許容範囲です。

楽天モバイルにはこうしたデメリットがありますが、2021年内に人工カバー率96%を目指して自社の基地局を整備しています。

改善のために一日でも早い目標達成を願うばかりです。

ちなみに、岡山県や山口県に住んでいる私の友人たちも楽天モバイルユーザーですが、問題なく使えているそうです。

安いスマホプランはどれ?各キャリアの新料金プランを比較:まとめ

以上、 安いスマホプランと各キャリアの新料金プランを比較してきました。

『動画を見たいのにスマホ代が気になって…』というストレスや、『スマホ料金を節約して固定費を削減したい』という悩みを解消するための有力な選択肢は、【LINEMO】または【楽天モバイル】だと考えます。

これを機に新料金プランについて検討してみてはいかがでしょうか。

それではみなさん、また次の記事でお会いしましょう!

\ 国内通話かけ放題 /

解約金(契約解除料)なし!

\ ミニプラン 990円/月(税込) /

【関連記事】

ドコモから楽天モバイルへの乗り換え手順。失敗しない方法を詳しく説明

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメントはお気軽にどうぞ!

コメントする

CAPTCHA


目 次
閉じる