記事内にプロモーションを含みます。
「一般消費者が事業者の表示であることを判別することが困難である表示」にならないよう配慮し、法令遵守に基づいた運営を行っています。

Microsoft Edgeのバージョン確認と最新バージョンへのアップデート

  • URLをコピーしました!

本記事では、Microsoft Edgeのバージョン確認方法と最新バージョンへのアップデートをお伝えします。

2~3分もあれば誰でも簡単にできるので、本記事を見ながら一緒にやっていきましょう。

まずはMicrosoft Edgeを起動してください。

Edgeの右上にあるをクリックします。

サイドバーのMicrosoft Edgeについてをクリックしてください。

すると、画面中央に現在のバージョン情報が表示されます。

上記のページが表示されると同時に更新プログラムのチェックが自動的に始まります。

アップデートにより更新プログラムが適用される場合は、「更新が進行中です。」と表示されるので少し待ちましょう(大体、1~2分くらいです)。

アップデートの準備が完了すると、↓のように再起動ボタンが表示されるので、再起動してください。

既にMicrosoft Edgeが最新バージョンの場合は、Microsoft Edgeは最新です。と表示されます。

簡単ですので、ぜひお試しください!

バージョン確認で自動アップデートされるのを避けたい!

勝手にアップデートされたくない!

状況によってはこんな人もいると思います。

そういうときはちょっとした裏ワザを使いましょう。この方法であれば、自動アップデートなしでバージョンを確認できます。

Winキー+Eキーでエクスプローラーを立ち上げてください。

エクスプローラーのアドレスバーに以下を入力して遷移します(フォルダを移動していってもOK)。

C:\Program Files (x86)\Microsoft\Edge\Application

すると、名前が数字だけになっているフォルダがあります。これが現在のEdgeのバージョンです。

上の画像では名前が数字だけのフォルダが2つあります。

この理由は、最新バージョンに更新後、まだ再起動をかけていないからです。古い数字の方が現在のEdgeのバージョンになります。

Microsoft Edgeって実は使いやすい!

関連記事Microsoft Edgeの使い方|使いにくい?けっこう色々できますよ!

それではまた、次の記事でお会いしましょう!

質問はコメントへ!お気軽に!

【関連記事 (クリックで展開)

約30本の基本・便利ワザを掲載!

  • URLをコピーしました!

コメントはお気軽にどうぞ!

コメントする

CAPTCHA