記事内にプロモーションを含みます。
「一般消費者が事業者の表示であることを判別することが困難である表示」にならないよう配慮し、法令遵守に基づいた運営を行っています。

拡張機能は不要!Chromeでタブグループを保存する方法

  • URLをコピーしました!

タブグループの保存機能は以前のChromeには実装されていませんでした。

そのため、拡張機能のインストールが必要でしたが、現在はそうした作業は不要です。

何もしなくても、標準機能でタブグループの保存機能を利用できるようになりました。

それではさっそく見ていきましょう!

記事作成:ヤットキ
  • 大手通信企業の元SE
  • Web業界歴15年のWeb解析士
  • Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)
目 次

Chromeでタブグループを保存する方法

まず、グループ名を右クリックしてください。

そしてグループを保存のスライドボタンをONにします。

これでグループを保存が完了しました。

下図のようになっていることを確認して下さい。

ポイントは、保存されたグループの見出しは、名前の左にグルグルマークが表示されている点です。

また、進む戻るボタンの下には保存済のグループ名が表示されています。

そして、複数のグループを保存すると次のようになります。

この状態は、他のChromeのウィンドウにも反映されます。

さて、グループが保存されていることを確認したら、そのままウィンドウを閉じてみましょう。

そして、再びChromeを起動してみてください。

下図のように、保存したグループが新しいChromeのウィンドウにも表示されています。

これこそまさに、『保存』機能の真骨頂ですね!

次項では、タブグループの保存を解除する方法をお伝えします。

タブグループの保存解除

実は、タブグループの解除保存ボタンというものはありません(ちょっと不便な気もしますが…)。

ではどうやって解除するのかというと、まず、ツールバーに表示されているグループ名を右クリックします。

そして、グループを解除を選択してください。これでOKです。

下図のように、グループ名の左にあるグルグルマークが消えていれば、タブグループの保存が解除されています。

とはいえ、グループを解除で保存が解除されるっておかしな話ですよね。

『グループの保存を解除』みたいな項目名にしてほしいところです。

まとめ)Chromeでタブグループを保存する方法

以上、Chromeでタブグループを保存する方法をお伝えしました。

タブグループを保存しておけば、作業効率がアップして時短を図れます。

ぜひ一度お試しください。

それではまた、次の記事でお会いしましょう!

質問はコメントへ!お気軽に!

  • URLをコピーしました!

コメントはお気軽にどうぞ!

コメントする

CAPTCHA


目 次