ノートPCのOfficeセットアップで気を付けておきたいこと。

PC

注文していたBTOのノートパソコンがついに我が家へやってきました!

開封後、まず最初にやる作業はセットアップ。

必要なソフトをインストールしたり、いろいろな設定を行ったりと楽しいひとときです。

そうした作業の中でOfficeソフトのライセンス認証があります。

エクセルやパワーポイントなどを使用するための第一歩です。

この時よくあるトラブルが、Officeのライセンス認証ができないというケース。

私も見事にハマリましたので、その解決方法をシェアします。

単なる不注意ですが、そうとも言い切れないような珍しいケースかもしれません。

Officeのライセンス認証コード

PCにプリインストールされているOfficeソフトの場合、そのライセンスの認証コードが記載されたカードは、パソコン本体が入っている箱に添付されています。

二つ折りになっている小さなオレンジ色のカードです。

今回、私がハマってしまったのはこのコードの入力です。

正しいコードを何回入力してもエラーが出てしまうのです。何回見ても入力内容に間違いはないはずなのに・・・

この原因が分かるまでに30分ほどかかってしまいました。

結論から言うと、数字とアルファべットの見間違いが原因でした。

しかし、これは単なる見間違いというには少し酷な気がするのです。

そんな私の体験談をご覧ください。

見間違い多数と思われる認証コードの印字

認証コードが記載されたカードを開くと、見開き右側の下部分に銀色の部分があります。

この部分をスクラッチカードのようにコインでガリガリ削ると、数字とアルファベットが混在した25文字のプロダクトキーがあらわれます。

その一部がこれです。

これ、どう思いますか?

正しくは、アルファベットのQなのですが、数字のゼロと見間違えてしまいました。

上のような画像だと見間違うことはなさそうですが、スクラッチの残りカスが散乱している状況では、0(数字)に見間違えやすくなっています。

せめて、Qのチョロンとなっている部分をもっと、くるりんとしてほしいです・・・。

まったく無駄な時間を過ごしてしまいました…

もし私と同じようにOfficeのライセンス認証がうまくできない場合は、アルファベットと数字の見間違いを疑ったほうがよさそうです。

最新情報をチェックしよう!