あえてB級に挑戦!そこに希望は見いだせたのか?【作品名は教えない-19-】

明らかにB級のニオイが漂う!

管理人
あえてB級なこの映画 に挑戦!

ここ最近、評判の高い映画を立て続けに視聴してきた私。

それはそれで非常に楽しかったのですが、はたしてこのまま他力本願な作品のチョイスに終始していてよいのか?たまには自分で隠れた名作を探すべきではないのか?

そんな葛藤にさいなまれていた私の目に、ある作品が飛び込んできました。

題名には何のひねりもなく、デッド・オア・アライブという恥ずかしくなるようなベタな副題が付けられています。そして、アメリカを舞台にした作品なのに製作国はなぜかスペイン。

サムネ画像からもゾッとするくらいの残念な感じが漂っている!しかも、U-NEXT上での★は二つだけ。

しかし、そうした偏見はよろしくない!どれだけB級な要素が詰まっていたとしても、一度くらいは自分の目で確かめてみなければ!

そんなわけで今回は、違った意味でスリル一杯のシチュエーションスリラーをご紹介

みなさん、引き返すなら今のうちですよ?本当にこの先に進んでもいいんですか?

美男美女なし!俳優も今まで観たことない!

見どころとして、強制的にデスゲームに参加させられた囚人たちのサバイバルと謳われています。これには否が応でも期待感が高まりますね!

さて、物語の舞台はある森の中にある大きな一軒家です。

ここに全米各地の刑務所から、特に凶悪犯と認められる囚人たち6名が、理由も告げられないまま目隠しをして連れてこられます。

彼らはリビングに通され、刑務所の中では決して食べられないような豪華な食事がふるまわれます。戸惑いながらも食事をしていると、案内役の謎の女性から今回の目的を告げられます。

それは、みんなで協力しながら謎解きをしてこの屋敷から脱出すること。

ただし、破壊行為は認められず、あくまでも出されたヒントをもとに謎を解いていくことが条件。全てが謎に包まれたまま物語が進行していくのはシチュエーションスリラーにありがちな設定です。

『もしかして、埋もれているアタリ作品を発掘したのか?』開始15分の段階ではそんな高揚感に包まれていた私です。

ですが、そんな私の期待をこの作品は見事に打ち砕きます。

設定がブレブレで意味不明な展開なんです・・・。

例えば、囚人たちが集められたのは国の隠れた政策によるものという設定でしたが、それがなぜか物語後半では個人的な恨みを晴らすための目的に変わっています。

また、囚人たちが館のトラップに引っ掛かってケガをする描写があるのですが、そのトラップの仕組みが全く説明されません。一応、申し訳なさ程度にチラッとトラップが映るのですが、全く意味不明です。単に扉を開けてギャーって痛がっているという学芸会みたいな描写になってます。

そして、物語のカギを握っていそうなミステリアスな雰囲気の案内役の女性ですが、この人が何者なのか全く説明もされないまま、何もしないで死んでいく・・・。なんすか、これ。

その他にも、謎を解くまでは屋敷を脱出できないはずだったのに、なぜか庭に出ることが出来たり・・・庭に出られるんだったらそこから外に脱出するはずだろ!とツッコミを入れてたくなりました。

そして訳の分からない設定の極めつけは、物語の終盤に起こります。

生き残った数名がこのサバイバルゲームの主催者(一応、謎の人物という設定)から『おめでとう、よくぞここまでたどり着いた』と言われるのですが、彼らはグダグダとお決まりの内輪揉めしながら来ただけで、そもそも謎らしい謎を解いてません・・・。

一応、最後にこのデスゲームの真相が明かされるのですが、それにも整合性がありません。

いやぁ~、この2時間を返せと言いたくなるような作品でした。

開始1時間くらい経った時に、何度も停止ボタンを押そうと思いましたが、そこをなんとか堪えて視聴した自分を褒めてあげたいです。

作品の公開前に完成度をチェックするような人物が制作陣にいなかったのでしょうか?

とりあえずは見放題作品なので、そのB級っぷりをぜひご覧いただきたい作品です。

※本作品は2021年11月30日 23:59までの配信です。どうでもいいか・・

サムネでの直感は90%の確率で当たってるよ!

直感とおりB級映画でした。いや、その遥か上を行っています。そのため、違った意味でとても面白い作品でした

ヒット作品とB級作品にはこれほどまでの差があるのか!と痛感させられます。

もしこれがポイント消費作品ならばU-NEXTを退会しようと思っていましたが、そこはさすがにVOD大手。

ちゃんと内容を精査したうえで見放題映画に分類しているようです。まあそもそも、これは買い付けちゃいけない作品だとは思いますが・・・

あらめて実感したことは、面白いとまではいかなくても普通の映画ってすごく台本を推敲しているんだなということです。

本作は視聴者側に立った見やすさとか分かりやすさを考慮していないような感じを受けましたが、いつも見ているような面白い作品はそのあたりを練りに練っているのが良~く分かりました。

俺的オススメ度 

管理人
ある意味、恐ろしい作品でした!

他にも面白い映画はまだまだありますので、このブログで紹介していきます。

※本ページの情報は2020年8月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

いろいろ観れて200,000本以上!

  •  20万本以上の見放題作品!
  •  動画以外に、マンガ・ラノベ・雑誌も!
  •  無料トライアルで600円分のポイント
  •  複数デバイスで視聴可能

\登録は簡単3ステップ/

\登録・解約はとてもカンタン/

最新情報をチェックしよう!