これから『100均の珪藻土歯ブラシスタンド』の話をしよう

こんにちは、管理人です。

珪藻土バスマットを買って以来、その手軽で便利な使い心地にハマってしまった管理人です。

そこで、珪藻土の歯ブラシスタンドも使ってみたくなっていたところ、100均ショップに販売されているのを発見!

さっそく三大メジャー100均ショップで一つづつ購入してきましたので、性能や使い心地にどれだけの差があるのかを調べてみました。

100均『珪藻土ハブラシスタンド』基本情報(ダイソー、セリア、キャン★ドゥ)

珪藻土の主成分は二酸化ケイ素(SiO2)です。植物性プランクトンが海底や川底などに堆積して化石化したもので、七輪やレンガなどに使われてきました。

最近では、水分を吸ったり放出したりする性質を利用して様々なグッズに利用されています。今回購入した歯ブラシスタンドはそうしたアイデアグッズの一つで、市民権を得た商品の一つといってもよいでしょう。

今回私が購入したのは下の商品で、左からキャン★ドゥ、ダイソー、セリアです。

100均なので、値段はどれも同じで税込み110円です。

デザイン

下の画像は左からダイソー、セリア、キャン★ドゥです。カラーリングはダイソーが最も豊富でした。また、さわり心地はダイソーが最もツルツルしていて、その次はセリア、そしてキャン★ドゥの順です。

キャン★ドゥの表面がもっともザラツキが多かったです。もしかして、珪藻土が含まれている割合に関係しているのかもしれません。イメージとしてラムネのお菓子のような感じです。

セリアはちょうどダイソーとキャン★ドゥの中間といったところです。ただ、若干横幅が細いので、手が触れた拍子にコロンと倒れてしまわないか少し不安が残りました。

デザインについては好き嫌いが分かれるところですね。私は色が付いているダイソーが最も好みです。

サイズや成分の比較

サイズや成分の比較表は次のとおりです。

成分について、珪藻土を固体化させたり成型させるためには石膏などを混ぜす必要があります。そのため、これらの商品でも石膏が添加されています。キャン★ドゥの材質には珪藻土としか記載されていませんでしたが、おそらく石膏が添加されていると思われます。

穴の深さ 重さ 成分 生産国
キャン★ドゥ 44mm 25mm 17mm 48g 珪藻土(※1) 中国
セリア 28mm 35mm 28mm 24g 珪藻土30% ,硫酸カルシウム70%(※2) 中国
ダイソー 40mm 35mm 32mm 59g 珪藻土 石膏(※3) 中国

※1 珪藻土以外の成分は不明
※2 硫酸カルシウム=石膏
※3 成分割合不明

吸水性能

それぞれの歯ブラシスタンドにスポイトで水を一滴たらして乾燥までの時間を計測してみました。

スポイトで水を垂らしてからシャッターを切ったので、6秒のタイムラグが出てしまいました・・・。

この実験では各社の製品に違いが見られました。

最も早く乾いたのがセリアです。約3分でゴールです。かなり優秀なタイムですね。

続いてはキャン★ドゥ!7分で乾燥しました。

そして最も時間がかかったのがダイソーです。なんと40分かかりました。しかし、色が付いている分、しみた水の跡が目立ってしまうので、他の白い商品と比べると不利かもしれません。もちろん最終的にはちゃんと乾きました。

以上のように、乾くまでの時間には差がありますが、どれもしっかりと水分が蒸発しましたので普通に使用する分には問題ありません。

性能には極端な差はないので、あとはデザインで好き嫌いが分かれるのでしょう。

実際に使ってみました!

実際に使用してみて、もっともしっくり来たのはダイソーです。大きさ、重さともにバランスが良く、安定感があります。

その次に良かったのはキャン★ドゥです。高さがもう少しほしいですが直径が大きいので安定感があります。

そして一番不安が残ったのがセリアです。3つのなかで水分が最も早く乾燥したのですが、細すぎる感じがやや難点かもしれません。ただ、スリムなデザインとなっているので、シンプルなものを好む方はこちらがベストかも。

少し不安な点

ただ、こうした歯ブラシスタンドには少し不安な点があります。

それは、穴が貫通していないこと。

底に水が溜まってそこにカビが生えるんじゃないかという不安があります。

その点、キャン★ドゥのものが唯一、穴が貫通していました。もしかして、開発者が私と同じ不安を持っていたのかもしれません。

穴あきが良い場合はキャン★ドゥのものを購入したうえで、下に珪藻土プレートを敷くのが一番良いでしょう。このプレートも100均に売られています。

とうことで、個人的に総合評価してみました。

第一回 100均の珪藻土歯ブラシスタンド 俺的個人評価
ダイソー 4.0
キャン★ドゥ 3.5
セリア 3.0
総合優勝はダイソーに輝きました!

100均の珪藻土歯ブラシまとめ

三者三様の特徴を持つ100均の珪藻土歯ブラシですが、どれも普段使いには問題のないものばかりです。

使い場便利なことには間違いないですし、100均とは思えないおしゃれ感で生活に彩りを与えてくれます。

こうした商品をうまく生活に取り入れて、ちょっとしたときに心がホッコリする瞬間を増やしていきたいものです。

最新情報をチェックしよう!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。