【エクセルファイル】パスワードの付け方と解除方法|Excelで履歴書

Excelには、ファイルにパスワードをかける機能が標準で実装されています。特別なツール等は必要ありません。

個人情報の塊である履歴書をエクセルで作成し、電子ファイルで送付する場合は必須の機能といえます。

エクセルのパスワード設定、どうやるの?

そこで本記事では、エクセルファイルへのパスワードの付け方と解除方法をお伝えします。

この記事の内容
  • エクセルファイルへのパスワードの付け方
  • パスワードの解除方法

\入会金・月額費用・月謝なし/


業界歴9年のWeb解析士GAIQ保有。

ガラケー時代からSNSに携わってます。

Twitterはこちら→ @yattoki_mashita

目 次

【エクセルファイル】パスワードの付け方と解除方法

機密情報を記載したファイルを扱う際、最も気を付けるべきことは情報漏えいです。

そのため、パスワード設定に関する操作方法は必須の知識といえます。

以下では、パスワードの付け方、そして解除方法を説明していきます。

パスワードの設定方法

まず、ファイルタブを開きます。

エクセルのパスワードの付け方
ファイルタブを選択

次に『名前をつけて保存』を選択して下さい。

エクセルのパスワードの付け方
名前を付けて保存をクリック

そして、画面下の保存ボタンの左にある『ツール』をクリックしましょう。

プルダウンメニューが出るので、『全般オプション』を選択します。

エクセルのパスワードの付け方
全般オプションをクリック

すると、全般オプション画面が表示されます。これがパスワード設定画面です。

下のように『読み取りパスワード』と『書き込みパスワード』の二つを設定することができます。

通常は『読み取りパスワード』で良いと思いますが、ファイル編集の人物を限定したい場合は、『書き込みパスワード』も設定しましょう。

エクセルのパスワードの付け方
全般オプション

パスワードを設定すると、再入力が求められます。間違えないように入力してください。

エクセルのパスワードの付け方
パスワードの確認

パスワードを忘れないようにしましょう。もし忘れてしまったら、復元には特別なツールが必要です。

以上の操作が完了すると、『名前を付けて保存』の画面に戻ります。

『保存』を押せばパスワード設定の完了です。お疲れさまでした!

エクセルのパスワードの付け方
nななmなま名前を付けて保存名前を付けて保存

さて、パスワードを設定されたファイルを開くと、下のように入力を求められます。

設定したパスワードが有効になっているか確認してみて下さい。

エクセルのパスワードの付け方
パスワードの入力画面

パスワードの解除方法

それでは次に、パスワードの解除方法を説明します。

最初にパスワードを入力してファイルを開いてください。

その後、先ほどと同じ手順で『名前を付けて保存』>『ツール』>『全般オプション』を開きましょう。

すると、設定済のパスワードが『***』のように入力された状態で、『全般オプション』画面が表示されます。

パスワードの入力欄にカーソルを合わせて、Backspaceなどで消してください。

パスワードの解除

『名前を付けて保存』の画面に戻るので、保存ボタンを押せば解除の完了です!

エクセルファイルへのパスワードの付け方と解除方法:まとめ

以上、エクセルファイルへのパスワードの付け方と解除方法を説明しました。

これで100%大丈夫とは言えませんが、もし何かあったとき、『全くの無防備でした』となれば大きく信頼を損ねます。

最低限、パスワードを掛けてさえいれば『対策はしていたが、相手の手口が巧妙だった』と主張することもできます。

人に見られたくないなデータが記載されているファイルには必ずパスワードを設定し、情報漏えいのリスクに備えましょう!

ワードやエクセルが苦手な方に人気の講座はこちらです。

\入会金・月額費用・月謝なし/

毎月先着10名様限定

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメントはお気軽にどうぞ!

コメントする

CAPTCHA


目 次
閉じる