チプカシはダサいのがイイ!お洒落なカフェの店員さんのイメージ

この記事の内容

『それ、どこの時計?』と言われるようなチプカシ 5つ!

チラ見で『センスある!』と思われる時計がほしい!

今、【チプカシ】が密かなブームとなっているのをご存知ですか?

人気の秘密はデザイン性の高さ。お洒落なカフェの店員さんが着けているイメージです。

レトロな感じを残しつつも斬新さがあり、ユニセックスで着用できます。

ジャケットの袖口から見えたチラリと見えた瞬間、『センスいい!』と思われるはずです。

そして値段もリーズナブル。コスパ抜群なのでコレクターも多くいます。

本記事では、そんなチプカシを紹介します。

日本未発売のものもありますよ!

この記事を書いた人

4級審判を約20年。コーチもやってます。
ジュニアサッカーのことはなんでも!
Twitterは→ @yattoki_mashita

この記事を書いた人

4級審判を約20年。コーチもやってます。
ジュニアサッカーのことはなんでも!
Twitterは→ @yattoki_mashita

目 次

チプカシはダサい。でも、それこそが最大の魅力

チプカシの正式名称はCASIO STANDARDですが、ファンの間では【チープカシオ】や【チプカシ】という名称で親しまれています。

メジャーな存在になるまでは、家電量販店やホームセンターで十把一絡げのような悲しい扱いでした(笑)。

そしてDATA BANK(データバンク)というモデルによって注目が集まり、そこからジワジワと人気を高めてきました。

今ではセンスの高い時計として市民権を得ています。

どんなものがあるのか、まずはAmazon人気ランキングを見るのも楽しいと思います。

人気ランキングは多すぎて選びきれないという方に代わって、これなら間違いなしというチプカシを選びました。

こちらをクリックすると、本記事の該当箇所にジャンプします。

チプカシデザイン、最大の特徴

チプカシ最大の特徴は【レクタンギュラー】の形状にあります。

レクタン『レ』ギュラーという人もいますが、それは間違い。正しくはレクタンギュラー(Rectangular)です。

レクタンギュラーとは長方形のことで、これがチプカシのレトロ感や個性あるデザインを引き出しています。

丸形のチプカシもありますが、個人的にはレクタンギュラータイプがオススメです。

ちなみに約20前に私が購入したDATA BANKがこちらです。やはり、レクタンギュラーの形状がアクセントになっています。

これは横浜のヨドバシの激安コーナーで偶然見かけて即買いしました!

廃盤のためにオーバーホールできないのが残念ですが、いまだ現役です。

チプカシの人気の理由は、独自なデザインと品質の高さ

コレクターが多いことでも知られるチプカシ。

最近では実店舗での入手が困難になっているため、Amazonなどから購入する人も多いようです。

そんなチプカシの魅力に迫ります!

秀逸なデザイン

最大の魅力はデザイン性の高さです。

斬新ですが下品ではなく、レトロなのに新しいというのが選ばれる理由だと考えています。

特に私が気に入っているDATA BANKシリーズのような秀逸なデザインは、他のブランドでは類を見ないものです。

それでいて、実売価格が1,000円を下回るものや1万円前後というリーズナブル価格帯も、幅広い年齢層のユーザーを魅了するポイントです。

チープカシオと呼ばれつつも、安物というイメージは全くありません。

高品質

言うまでもなくチプカシはCASIO製なので、その品質は折り紙付きです。

とはいえ、高価なG-SHOCKやPRO-TREKに比べれば、さすがに耐久性や性能はかないませんが、数千円という価格を考えれば十分すぎるレベルです。

数十年もの間、土に埋まっていたチプカシを掘り出してみたら、まだ動いていたというエピソードがあるくらいです。

CASIOマニアが目を奪われた、おすすめのチプカシ

長々とお話してきましたが、いよいよ、おすすめのチプカシを紹介します。

イメージを掴みやすいようにYotube動画を埋め込みつつ紹介していますが、外国語のレビュー動画も含まれています(音声はオフにしています)。

細かい話は置いておいて、実際の雰囲気などを映像で味わってください!

MDV106シリーズ

表示タイプアナログ
重量 約92 g
本体の素材 / 幅ステンレス、ミネラルガラス / 44 mm
バンド素材 / 幅 ポリウレタン・ラバー / 20 mm
ムーブメントクォーツ
仕様

いきなりですが、 MDV106はチプカシではありません。

しかし、どうしても最初にこのヤバいモデルを紹介したかったのです。

非常にシンプルなダイバーズウォッチなので飽きのこない形状をしており、誰が着けてもなじんでくれます。

1万円前後という価格には到底見えないこの完成度、ちょっとびっくりします。

上の動画のように、バンドをカスタムしても面白いですね。

今までに全世界で約60万本以上を売り上げた知る人ぞ知る名機ですが、日本でこれを着けている人を見かけたことがありません。

並行輸入品ということで、在庫はかなり少なさそうです。

最近の流行でもあるブルーの盤面もかなりソソられます。

やっぱりCASIOは魅力的な時計が多いです。高価でなくても楽しめるものばかりです。

DBC-611シリーズ

表示タイプデジタル
重量 約48 g
本体の素材 / 幅ステンレス / 33 mm
バンド素材 / 幅 ステンレス / 22 mm
ムーブメントクォーツ
電池寿命約3年
仕様

記事の冒頭でご紹介したのが、このDBC-611シリーズです。

個人的には最高のモデルだと思っています。

DATA BANKはあまりにも有名すぎるので、これが一つのカテゴリとして確立している気さえします。

無難に選ぶならシルバーがおすすめです。一つ持っておけば間違いありません。

ちなみに、 DATA BANK にはボタンがたくさん付いていますが、ハッキリ言って使いません(笑)。

ちゃんと機能しますがスマホがあれば事足りるので…。あくまで、デザインの一つとして捉えてください。

シルバー

もっとエグみがほしいという方には断然、このゴールド!

これだけを見ると『えっ?』というカラーリングですが、黒系のジャケットなどには驚くほどなじみます。

ファッションに敏感な人ほど、こちらのゴールドを選ぶことが多いようです。

ゴールド

MQ-38シリーズ

まずはMQ-38シリーズ。

このシリーズのファンはたくさんいるようです。

ユニセックスなデザインなので、恋人同士でペアにするのも素敵ですね。

表示タイプアナログ
重量 約18 g
本体の素材プラスチック
バンド素材/幅ウレタン / 21 mm
ムーブメントクォーツ
耐水圧30 m(日常生活防水)
仕様

価格は約1,500円なのでベルト部分に安っぽさが残るのは仕方ありません。

しかし、文字盤の色が上品なのでジャケットと一緒に着けると高見えします。

文字盤の色にはゴールド/ブルー/ホワイト。見た目はかなりシンプルですが、愛用者の多いモデルです。

全体的に薄いので、非常に軽いです。

ゴールド

ブルー

ホワイト

W-215Hシリーズ

表示タイプデジタル
重量 約35 g
本体の素材 / 幅樹脂 / 40.7 mm
バンド素材 樹脂 / 27 mm
ムーブメントクォーツ
仕様

W-215Hの盤面レッドは日本未発売のモデルです。

これを付けている人はほとんどいないので、自慢できること間違いなしです。

これ、カッコいいですね。パッと人目を引きつけるデザインなので、袖口から見えた時にオシャレ感が漂います。

また、表示が見やすく、軽いので実用面でも重宝するのではないでしょうか。

実際に購入した人の感想によると、みなさん満足しているようです。

やはり、コスパの高さが満足度に繋がっているようです。

レッド

色違いもあります。

下のブラックはオーソドックスで人を選ばないチプカシらしいモデルですね。

ブラック

A-168Wシリーズ

表示タイプデジタル
重量 約51 g
本体の素材 / 幅ステンレス / 35 mm
バンド素材 / 幅 ステンレス / 16 mm
ムーブメントクォーツ
電池寿命約7年
仕様

チプカシのダサかっこよさを突き詰めるなら、このA-168Wシリーズ。

ご覧のとおり、昭和世代のサラリーマンが付けていたようなクラシックなデザインです。

最新のG-SSHOCKと比べると昭和感が満載ですが、かなりのロングセラーとして知られています。

その秘密はコスパの高さ。電池寿命も約7年です。

お洒落の上級者であるならば、こういったギリギリのラインを攻めたいところ。

どのようにコーディネイトするかが腕の見せ所です。

もし紛失しても、値段が安価なのでそれほどダメージはありません。

シルバー

私のような40代が半袖Yシャツにこれを合わせると昭和世代まっしぐらですが、それをプラスに変えるセンスが必要になってきます。

しかし、カフェの店員さんが付けていると、なぜかおしゃれに見えてしまう不思議。

付ける人を最も選ぶ一品かもしれません。

このモデルには色違いのフェイスもあります。ペアで二つのカラーのを購入すると素敵です。

男性よりも女性のほうが似合いそうなカラーリングです。

シルバー(別パターン)

そして、このA-168Wシリーズにもゴールドのバリエーションがあります。

最もファッションセンスが問われるタイプと言えます!

ゴールド

AE-1200WHシリーズ

表示タイプデジタル
重量 約50 g
本体の素材 / 幅ステンレス / 45 mm
バンド素材 / 幅 ステンレス / 18 mm
ムーブメントクォーツ
電池寿命約10年
仕様

デジタルのガチャガチャ感を楽しみたいなら、間違いなくこのAE-1200シリーズがおすすめです。

フェイスにはデジタルで表現した短針と長針に加えて、世界地図、時刻表示の3パターンが表示されています。

おそらく、その機能の殆どは使わないと思いますが、賑やかなので眺めるだけで楽しくなります。

カラー展開はシルバーとブラック。

チプカシ感をアピールしたいならシルバーですが、Twitter上ではブラックの方が人気が高いようです。

お好みでどうぞ!

シルバー

ブラック

CA-53WFシリーズ

表示タイプデジタル
重量 約25 g
本体の素材 / 幅合成樹脂 / 35 mm
バンド素材 / 幅 ポリウレタン / 24.1 mm
ムーブメントクォーツ
電池寿命約5年
仕様

チプカシ初心者に最適なのが、このCA-53WFシリーズです。

レトロな印象を残しつつ、スマートウォッチのようなモダンな雰囲気も出しています。

比較的クセのないデザインなので、気軽に身に着けることができます。

また、カラー展開も豊富です。

無難にいくならブラック・ネイビー、ちょっと冒険するならベージュ・カーキあたりが良いと思います。

私は逆輸入版のブラックに注目していますが、あなたならどれにしますか?

ブラック

ブラック(逆輸入版)

ネイビー

ベージュ

カーキ

チプカシはダサいのが最大の魅力:まとめ

以上、おすすめのCASIO STANDARDシリーズをご紹介しました。

レトロな感じが新鮮なものばかりです。

ぜひ一度、手にとってみてはいかがでしょうか。その魅力にハマること間違いありません!

他のチプカシも見てみたいという方は、Amazonの人気ランキングもご覧になってはいかがでしょうか。

それではまた、次の記事でお会いしましょう!

【関連記事】

Gショックのビジネスモデルを仕事で使う

サッカー審判時計のおすすめ5選+スマートウォッチ

1万円前後で高コスパなカシオのランニングウォッチ

失敗しないレディースウォッチ

男性へのプレゼントに最適な時計

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメントはお気軽にどうぞ!

コメントする

CAPTCHA


目 次
閉じる