吹き出しアバターの登録数が少ない!プラグインなしで簡単に解決!

テーマに実装されている吹き出し機能のちょと便利な使い方!

リード文の役目は、読者の興味を記事に惹きつけること。

最近では、吹き出しを利用しつつ「そんな悩みを解決します」という一文を添えるリードパートをよく見かけます。

例えばこんな感じ。

ワードプレスは難しそう。どうやって使えばいいの?

この記事ではそんな悩みを解決します。

私も上のような感じで吹き出しを使っています。

そして、ほとんどの有料WordPressテーマには、こうした吹き出し機能が実装されています。

でもね、吹き出しのアバター画像のことで、少し困ったことがあるんです。

吹き出しアバターの登録数が少なすぎる問題

私のWordPressテーマは『The THOR』です。

このテーマにも吹き出し機能は実装されており、吹き出しに使うアバター画像はこんな風に設定します。

アバター設定画面
アバター設定画面

しかし!

残念ながら、登録できるアバター画像数は制限されていて、左側吹き出しと右側吹き出しでそれぞれ一つだけ。

これで何が困るかというと、投稿によってアバター画像を変えたいときに困るんです。

たとえば、投稿1でビジネスマンのアバターを使っているとします。

ビジネスマン
ビジネスマンです

 

その後、投稿2の記事に少年のアバターを使いたい場合を考えます。

そこで、さっきの設定画面からアバターを変更して、ビジネスマンから少年に画像を設定しなおします。

すると当然のごとく、投稿2の吹き出しはこんな風になります。これはOKです。

少年
少年です

 

しかしこれだと、投稿1のビジネスマンのアバターも少年に変更されてしまうんです。こんなふうに。

ビジネスマン
ビジネスマンです

そりゃあ、そうなるよね・・・。

でもこれだと困るんです。あくまで投稿1のビジネスマンのアバターはそのままにしておきたいんです!

この残念な気持ち、分かってもらえるでしょうか?

解決方法としてはこれしかないのか?

これを解決するために考えたのは、吹き出しプラグインを導入すること。

プラグインを使えばなんとかできそうです。

しかし、せっかく有料テーマを使っているのに、わざわざプラグインで機能を補強しないといけないのはどうも納得いかない・・・

そんなモヤモヤした気分が続いていましたが、遂にベストな方法を見つけました!

この方法なら、プラグインは不要。

ピンポイントで個別にアバター画像を変更しても、他の吹き出しアバターに影響を与えません。

しかも、CSSの変更などは不要で、3秒で完了します。超簡単!

実際の方法

では、ビジュアルエディタ―での手順を説明します。

手順1

変更したいアバター画像の左上にカーソルが来るように、マウスをクリックしてください。

この説明だと分かりにくいと思うので下の画像をご覧ください。こんな感じです。

手順2

その場所でカーソルがチカチカしている状態のまま、『メディアを追加』ボタンを押してください。

そして、変更したい画像を選択して『投稿に挿入』ボタンを押しましょう。はい、これで完了です!

実際に検証

実際に上記手順で操作を実行すると、こんな感じになります。

操作前と操作後を比較してみてください。上のアバターに影響を与えることなく、下のアバターを少年に変えることができました。

あとは、赤丸の中のように、アバターの表示名と吹き出しの内容を調整するだけです。

この方法のいいところは、変更したい画像の数に制限がないことです。

WordPressのメディアライブラリーに登録されている画像の数だけ、アバターを変更することができます。

まとめ

もう2年ほどWordPressを使っていますが、こうした使い方があることを知りませんでした。

調べれば解決法は色々とあるものですね。

今回は少し感動してしまいました。

それではまた!

最新情報をチェックしよう!