A3サイズの履歴書印刷に悩むあなたへ!手軽な方法をお試しあれ!

さて今回は、履歴書の便利な印刷方法をご紹介します。

一般的に企業に提出する履歴書のサイズはA3が多いようです。

A3サイズの市販の履歴書を手書きで作成するのならば問題はないのですが、なるべくなら履歴書はPCで作成したいもの。

そこで、WordやExcelで作ったはいいけれど、自宅のプリンタはA3サイズに対応していない。そんな経験が一度はあると思います。

こんなときにうまい方法はないものでしょうか?

A3サイズの履歴書を手軽に印刷

USBメモリやネットプリントを活用してコンビニ印刷という手がありますが、毎回毎回、設定するのはメンドクサイし、個人情報の塊であるUSBメモリーを色んな人が利用するコピー機に差し込みたくない方は多いのではないでしょうか?

もし、いつもコピーしているのと同じように、もっと手軽にコンビニ印刷できる方法があれば・・・以下ではそんな方法をご紹介します。USBもネットプリントも使用しません。

必要なものは100均で売っている修正テープのみです。

ちょっとした工夫でA3サイズの履歴書を印刷

結論から言ってしまうと、A4サイズ2枚を並べてA3サイズにしてからコピーしましょう。

しかし、この状態でコピーすると継ぎ目が目立ってしまったり、印刷時に位置がズレたりします。下の画像の赤丸部分のように、継ぎ目が黒い線となってしまいます。

この黒い線が所々に印刷されてしまうので、いかにもな感じになってしまいます。あまりカッコよくないですね。

そこで、この継ぎ目が全く目立たないようにして、自然なA3サイズの履歴書として印刷する方法をご紹介します。手順は3つです。

手順1:自宅のプリンタでA4サイズで印刷しましょう。

手順2:裏面の継ぎ目の上から下にセロテープを貼って、印刷したA4サイズ2枚を固定してください。

手順3:表面の継ぎ目に修正テープを貼ってください。二度塗りの方がいいでしょう。こんな感じになります。

表面に修正テープを貼る

手順は以上でおしまいです。

コピーされた印刷物がどのようになったか比較してみます。

この状態でコピーすると継ぎ目が全く目立たなくなり、A3サイズの履歴書として違和感なく印刷することができました!

ぜひお試しください。

しかし、たったこれだけだと面白くないので、おまけとして、自宅プリンターでA3サイズの履歴書を印刷できる専用紙があったので、そちらもご紹介します。上記の方法でもうまくいかなければこうした商品を利用してはいかがでしょうか。

そもそも、そんな便利なものがあるのなら早く紹介しろと言われそうですが・・・

A3履歴書の印刷専用紙もある!

日本法令社から販売されている、A4プリンタでA3を印刷できる履歴書専用紙(10枚入り)です!

近所の文房具屋では見かけたことがないので、私はこの商品の存在すら知りませんでした!

それにしても便利なものが出てきましたね。A4プリンタでA3を印刷するという発想がすごい・・・。口コミも良好ですので試してみるのもいいかもしれません。

先ほどのように修正テープでやるより割高にはなりますが、時間をお金で買うという意味では、これを利用する価値はありそうです。

失業者が増加しているそうなので、履歴書関連の便利グッズの需要は増加していくのでしょう。

苦労して印刷したA3履歴書。結果連絡までの期間は?

さて、苦労してA3サイズの履歴書を印刷!

郵送して結果が出るまでどれくらいかかるのか?一般論と私の経験と照らし合わせてお伝えします。

ハローワークから応募した場合

私の経験上、書類選考に通過していれば3~4日くらいでメールか電話で連絡が来ました。長くても1週間だったと思います。

2週間たっても連絡がなければ、電話かメールで直接問い合わせても失礼にはあたらないそうです。

また、ハローワーク経由の応募であれば、職員さんにお願いすると応募先に問い合わせてくれます。

紹介状の控えを見せてから電話してもらいましょう。

転職サイトから応募した場合

転職サイトの場合は応募者が殺到することが多く、2~3週間ほど時間がかかることも珍しくありません。

また、ほとんどの場合、書類選考通過の場合のみ連絡があり、不通過の場合は連絡がありませんでした。

選考フローは求人欄に記載されていることが多いのでよく確認しておきましょう。

連絡がないまま一ヶ月以上経過した場合は、書類選考に落選してしまったことを覚悟しておきましょう。

まとめ

本記事では、A3履歴書を印刷する方法として、修正テープを使う場合と専用用紙の場合の2通りをご紹介しました。

どちらも一長一短ですが、両方を試してみる価値はあると思います。

就職活動がうまくいくよう、お互い頑張りましょう!

そして、くれぐれも体調だけは崩さないようにしましょう。健康第一で!

最新情報をチェックしよう!